YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

CONTENTS

住まいを包み、快適性を高めて健康に暮らす。住まいを包み、快適性を
高めて健康に暮らす。

結露を抑え、不快な汚れを防ぎ、家の耐久性を高めます。結露を抑え、不快な汚れを防ぎ、家の耐久性を高めます。

ガラスとして最も断熱効果の高い空気層の厚さ16mmに、アルゴンガスを封入。その空気層を2層にし、2枚のLow-Eガラスで挟んだ、総厚41mmのトリプルガラス。また、スペーサーには熱伝導率の低い樹脂スペーサーを採用。断熱性能と日射熱取得率のベストバランスを追求したガラス仕様です。

冬の窓辺の表面温度 / 結露比較

アルミ(複層ガラス)

冬の窓辺の表面温度 冬の窓辺の表面温度

ガラスにもフレームにも結露が発生し、
水滴が流れています。

APW 430(日射遮蔽型)

冬の窓辺の表面温度 冬の窓辺の表面温度

ガラスにもフレームにも結露はみられません。

[ 温度条件 ]
試験画像:室外温度0℃/室内温度24℃
結露画像:室外温度0℃/室内温度20℃/相対湿度60%
※注意
結露の発生は窓の性能だけではなく、住まいや他の自然環境にも影響されます。室内の条件によって結露が発生する場合もあります。

冬の窓辺のひんやりがなくなります。冬の窓辺のひんやりがなくなります。

窓で冷やされた空気が下に降りてくることをコールドドラフトといいます。冬の窓辺がひんやりするのはこのためです。
断熱性能の高い窓なら室内温度の均質化がはかれ、窓辺の体感温度の差を抑えることができます。

外気温:0℃

断熱性能の高い窓は、1年中家族にやさしい。断熱性能の高い窓は、1年中家族にやさしい。

冬は屋外の冷たい空気を室内に伝えにくく、室内の暖かさを逃がさない。夏は日射熱をシャットアウトし、室内の温度が上がりにくい。断熱性能の高い窓は、部屋の保温効果を高め、1年中過ごしやすい室内環境を保ちます。

エアコン停止後の室温変化比較

冬の温度低下差 約4℃

外気温が同じ条件で比べると、真冬の早朝の室内温度に大きく差が出ます。

夏の温度上昇差 約2℃

夏の日差しを受けても室内温度が上がりにくく、冷房負荷を軽減します。

部屋間の温度差抑制部屋間の温度差抑制

断熱性能を高めることで、暖房していない場所との温度差を抑えます。
APW 430の場合リビングとホールを比べると温度差が約3℃に抑えることができます。

ヒートショックの予防ヒートショックの予防

室内の空気を暖かく保つのは、快適性のためだけではありません。急に寒い部屋に移動することで血圧が変化し、ヒートショックにつながることもあります。
交通事故による死亡者数より家庭内の入浴中の死亡者数が上回るデータもあります。
断熱性能の高い窓は、安全で安心できる住まいづくりにも役立ちます。

【算出条件 冬の窓辺の体感温度比較/エアコン停止後の室温変化比較/部屋間の温度差抑制】
●住宅断熱仕様 次世代省エネルギー基準(平成11年基準)適合レベル ●住宅モデル 「住宅事業建築主の判断の基準におけるエネルギー消費量計算方法の解説」の計算モデルに準拠 2階建て、延床面積:120.08㎡、開口比率:26.8%(III~VI地域) ●使用ソフト AE-Sim/Heat(建築の温熱環境シミュレーションプログラム)/株式会社 建築環境ソリューションズ ●気象データ 「拡張アメダス気象データ」2000年版 標準年 東京/(一社)日本建築学会 ●想定生活者 4人 ●空調設定 暖房:22℃ 冷房:27℃(就寝時:28℃)・60% 「住宅事業建築主の判断の基準におけるエネルギー消費量計算方法の解説」スケジュールによる間欠運転(生活者が各居室にいる間は冷暖房を行う運転)

NEXT 商品特長 機能性NEXT 商品特長 機能性

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

pagetop