YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

当社が生産・出荷した防火サッシにおける国土交通大臣認定の仕様への不適合について

YKK AP株式会社
2018年5月11日

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、当社が国土交通大臣認定に適合しない防火サッシを、20棟の戸建て住宅に出荷したことについてお知らせいたします。

対象となる製品につきましては、指定性能評価機関で性能確認試験を実施し、建築基準法で定める必要な遮炎性能を有しないことが確認されましたので、出荷した大臣認定の仕様に適合しない全ての防火サッシについて早急に是正工事を行ないます。実施に際しましては、国土交通省および特定行政庁からの指示に基づき、お客様のご意向を踏まえつつ丁寧に対応を行っていきます。

お客様ならびに関係者の皆様には、多大なご迷惑とご心配をおかけしますことを、深くお詫び申し上げます。今後、製品を安全・安心にご使用いただくため、再発防止に努め、品質の管理体制を強化していきます。

【対象となる製品】

アルミ樹脂複合構造引違い窓 グレイ色仕様

・国土交通大臣認定番号
  二枚引違い=EB-0578,0578-1,0619,0619-1,
        1226-1,1370,1593,1642,1779
  面格子付、二枚引違い=EB-0608,0608-1,1778

・認定との相違:アルミニウム合金押出形材の表面処理仕様
  大臣認定=陽極酸化皮膜およびアクリル・メラミン系樹脂塗装
  対象製品=ウレタン樹脂焼付塗装

・出荷期間:平成24(2012)年7月5日~平成30(2018)年3月1日

・出荷物件数:20棟(右の出荷実績一覧参照)・出荷物件数:20棟(下の出荷実績一覧参照)
都道府県 物件数 用途
東京都 6 住宅
神奈川県 6 住宅
新潟県 3 住宅
富山県 1 住宅
静岡県 1 住宅
愛知県 1 住宅
島根県 1 住宅
熊本県 1 住宅
20 -

【経緯】

防火サッシ認定に関する社内の業務監査の過程で判明しました。

【原因】

アルミニウム合金押出形材の塗装仕様を変更した際に、生産部門では変更後の仕様で製造・出荷する体制に切り替えたものの、開発部門(大臣認定申請部門)に対して仕様を変更したことの周知が不十分であり、変更後の仕様で大臣認定を取得していないまま製品(不適合品)が出荷されていました。

【お客様からのお問合せ先】

YKK AP株式会社 営業本部 品質保証部
受付時間 : 月曜~金曜 9:30~17:00 (土日祝日、年末年始・夏期休業を除く)
[一般のお客様     0120-041-344]
[建築・設計関係者様  0120-413-417]

※ 防火サッシは、延焼のおそれのある部分の開口部に設置する一定の遮炎性能のある防火設備として、当社が国土交通大臣による構造方法等の認定を受けて生産したもの。

pagetop