YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

東北製造所-主要拠点-

昭和49年(1974年)、日本有数の米どころ宮城県大崎市三本木で操業を開始した当製造所では、住宅用建材をはじめ、エクステリア商品、エントランス商品、木質インテリア建材、複層ガラス、ビル建材などを生産するとともに同敷地内にある窓工場では、断熱性に優れた樹脂窓「APW330」を生産し、東北圏内および全国各地へ高品質な製品を供給しています。製造所内には環境保全のシンボルでもある水公園や緑地帯など約16万㎡に及ぶ環境施設面積を有し、地域の環境づくりを推進するとともに、周辺の自然と調和しながら美しい田園風景を守り続けています。その結果として平成17年には「緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰」を受賞しました。また最新の商品に実際に触れることのできる商品展示場を併設し、コミュニケーション基地としての役割も担っています。

操業
昭和49年4月(1974年)
敷地総面積
736,750㎡
建物総面積
延372,000㎡
住所
〒989-6392
宮城県大崎市三本木字吉田1

pagetop