YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

埼玉窓工場-主要拠点-

埼玉窓工場はYKK AP初の”窓”の製造供給拠点として2011年7月に操業を開始しました。主にYKK APの窓事業カテゴリーブランド「APW」シリーズの商品を生産し、圏央道白岡菖蒲インターより5分という立地を活かし、首都圏を含む関東・甲信越の各エリアにタイムリーに供給しています。当工場はYKK APにおける関東・甲信越エリアで最大規模の拠点であり、窓事業の中核を担っています。「環境に配慮し、地域社会に根ざした工場」をコンセプトに建物の断熱化、自然の風と光の利用、敷地緑化など環境負荷低減と自然環境の有効利用に取り組むと共に、地域との交流を大切にした工場運営を行っています。

操業
平成23年7月(2011年)
敷地総面積
86,716㎡
建物総面積
延42,313㎡
住所
〒346-0103
埼玉県久喜市菖蒲町台字南110
(菖蒲南部産業団地)

pagetop