YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

YKK APのビジネス&サービス BUSINESS & SERVICE

私たちは、お客様の視点に立った商品づくりを通じ、常に選ばれるメーカーであり続けます。

YKK APでは、自らのビジネスをAP事業と呼んでいます。
AP(Architectural Products)は、いわば完成された建築用工業製品で、素材としての建材とは異なります。たとえば窓。窓はガラスやフレームなどの建材を組合せたモノで、空間構成の一部となり、機能と性能を発揮します。YKK APは、そうしたモノを工場生産化し、より高いレベルの品質につくりあげ建築商品として提供しています。歴史的に見れば、アルミ建材市場参入時から魅力的な事業創造を目指し、品質向上はもとより、色のバリエーションや樹脂など異種素材の導入を図り、窓の種類を増やして多様化に対応。新しい住宅スタイルの誕生を促し、新しいビジネススタイルをつくり続け、文字通り専業メーカーとして成長し、常に選ばれるメーカーであり続けていたいと考えています。

また、お客様の視点に立つという面では、YKK APの「技術力」を活かして「商品力」と「提案力」を最大限に発揮できる販売・流通体制へと組織の改革を進めています。まず営業力強化を目的に「事業本部」を「営業本部」に改称し、更に「統括支店」の体制を「支社」とし、エリア経営を推進しています。あわせて窓事業の拡大を推進していくために、製造・販売・開発を一体化。そして商品力の強化を図る開発本部、商品品質および生産性の向上を図るための生産本部、技術力向上のための研究所などと連携し、お客様と地域に密着してお客様満足を追求していきます。

pagetop