生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

環境・社会報告書 2006

YKK APと環境


 循環型社会構築のために


YKK APでは、国内製造拠点において、廃棄物ゼロに向けたゼロエミッションの達成への取り組みを行っています。また、循環型社会構築のための貢献として、廃棄物の減量やリユース、再資源化など3R活動に取り組んでいます。

3Rの推進


YKK APでは、これまで「3Rの推進<廃棄物の発生抑制(Reduce)、再使用(Reuse)、再生利用(Recycle)>」を行ってきました。2005年度は、廃棄物削減対策として、廃水処理脱水機の入替などを行いましたが、複層ガラスの生産増に伴うガラス量の増加により、国内製造拠点における排出物発生量は、2.3%増加しました。
また、YKK APのゼロエミッションの定義は、「事業活動に伴って発生する排出物の再資源化率を97%以上にすること」ですが、2005年度は97.8%となり、ゼロエミッションを達成することができました。また、国内製造拠点のうち、19拠点でゼロエミッションを達成しています。

輸送資材の省資源化


YKK APでは、一貫生産システムのもと建材部品についても自社生産を行い、全国加工組立工場へ社内間輸送を行っています。これまで建材部品の輸送用資材には、段ボール箱・段ボールパレットを使用していましたが、リターナブル容器である「折畳みコンテナ」の導入を行い、輸送資材の省資源化を推進しています。部品の輸送に伴う段ボールの使用は年間800トンありましたが、2005年度は100トンの段ボールを削減することができました。 今後は、さらに通い梱包エリアを拡大し、梱包資材使用量を削減していきます。
改善前
改善前
改善後
改善後

滑川製造所 ゼロエミッション達成


滑川製造所では、課題となっていたインテリア生産工程から発生するMDF屑、切粉の再資源化について、運搬方法の改善、処理先の見直しを行い、セメントメーカーへの発電用燃料として再資源化するとともにコスト削減をすることができました。
また、スチールドア電着塗装廃水の処理汚泥について効率のよい脱水機に入れ替え、汚泥含水率を下げて、排出量の抑制とコストダウンを両立させることができ、汚泥についても再資源化ルートを開拓し、滑川製造所としてゼロエミッションを達成することができました。
今後は、マテリアルリサイクルの推進と排出量の削減に向けて取り組んでいきます。
汚泥
汚泥
廃水処理脱水機
廃水処理脱水機
   ※再資源化率は以下のような式で求められます。 再資源化率図

再資源化の推移図

単純焼却および埋め立て処分されてるものの内訳図