生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

環境・社会報告書 2006

YKK APと環境


 環境マネジメントシステム


YKK APでは、環境マネジメントシステム(ISO14001)の認証登録の統合を行いました。会社として認証登録を一つに統合することで、全社統一の環境方針に基づく環境活動を実現しました。

ISO 14001 : 2004年版への切り替え

YKK APでは、2005年2月に、日本国内の持つ10の環境マネジメントシステム(ISO14001)の認証登録の統合を行いました。2005年度は、ISO14001:2004年版への規格移行への対応として、既存の内部環境監査員のレベルアップセミナーを全国主要拠点で開催しました。 2006年5月に2004年版への移行審査が行われ、認証登録を更新しました。
内部監査員セミナーイメージ
内部監査員セミナー
審査風景イメージ
審査風景
ISO14001:2004年版登録証イメージ
ISO14001:
2004年版登録証

2006年度の課題

YKK APグループの2006年度の課題は、コンプライアンスと内部監査システムの充実です。法規制に対応し、法令等の違反を未然に防ぐ体制の構築と、YKK APグループ各地域と全社の2階層に分けて実施している内部監査体制をさらに向上させYKKグループ全域の相互内部監査を実施していくことで、より高度なチェック体制の構築を推進していきます。

 グリーン調達


YKK APは、材料や部品などを調達するにあたり、2004年度に制定したグリーン調達ガイドラインの確実な運用を図っています。

グリーン調達の推進


グリーン調達ガイドライン冊子 YKK APは環境に配慮した材料・部品などを環境配慮企業から購入することにより、事業活動全体の環境負荷の低減を目指します。2005年度は、調達品への管理物質の含有状況や各お取引先の環境への取り組み状況を確認する作業を進めました。 これらの情報をもとに、商品に含まれる化学物質の情報の一元管理(データベース化)を行い、より緻密な化学物質管理を進めることにより、商品の化学物質リスク低減に努めます。


取引先の環境管理体制構築状況

製品環境情報の流れ