生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

社会・環境報告書 2007

YKK APと社会


 従業員とのかかわり−人事制度と人材育成


人材と組織の活性化を目指した人事制度を定め、人材育成に取り組むとともに、従業員の処遇においては、国籍・年齢・性別にかかわらない、多様性と機会均等を重視しています。

人事理念

YKKグループでは、「自律と共生」という人事理念のもと、社員一人ひとりが責任ある行動を通じ自己を確立するとともに、企業目標に向かって経営理念を共有し、会社の成果に結びつけることを目指しています。
自律と共生に関する図

人事制度

社員の成長を促す人事制度

2007年度より、役割を軸にした成果・実力主義の人事制度を導入しました。

新人事制度のポイント

社員の活力を高め、会社の更なる成長と発展を図るため、社員それぞれが得意な分野で役割を果たすことができるよう、経営理念に掲げる「公正」を価値基準として、「役割と責任」を明確化することにより、「役割」を軸にした適正な評価と処遇を行います。また、社員の役割を明確にするため、「職群」という区分を導入します。

技術・技能を公正に評価できる専門専任職の新設

モノづくりの会社として、これまで以上に技術と技能に着目し、技術者・技能者の専門・専任分野での価値を公正に評価・処遇していくことを目的として、「専門専任職」を新たに設置します。

モノづくりの現場を活性化させる業務職群の新設

製造業の根幹となる製造現場や営業現場においては、熟練度・習熟度を評価する仕組みが必要と判断し、「業務職」を新たに設置します。
四つの職群の図

人材育成

力を引き出す人材育成

YKKグループの人材育成は、OJT、OFF-JT、自己啓発を3つの柱としています。OJTでは、「若くしても任せてもらえる」という企業風土の中で、社員のチャレンジ精神を尊重し、若いうちから積極的に責任ある仕事を任せています。
OFF-JTでは、新入社員から役員まで、集合研修、eラーニングなど様々なツールを活用した能力開発を行っています。自己啓発については、通信教育の受講費補助や公的資格取得奨励金などの支援を行っています。
人材育成においては、女性リーダーの育成・登用にも積極的に取り組んでおり、管理職候補者を対象としたリーダーシップ研修を行っています。2006年度は17名が参加し(内、YKK AP参加者5名)、職場責任者クラスへの登用や、国内での転勤実績などもあがっています。
リーダーシップ研修受講者・歌坂さん インタビュー

管理職を目指す女性を対象に、2006年1月から約8ヶ月間受講しました。
研修内容の前半はビジネス知識の習得、後半には個人テーマを設定し、最終的には、吉田社長の前でプレゼンを実施しました。研修中は正直言って逃げ出したくなる事もありましたが、成し遂げたという達成感はとても気持ちがいいものでした。今後についても人間力を高めるべく、いろんな事にチャレンジし続けたいと思っています。

ビル建材第二事業部 開発営業部 歌坂 理恵


新任部長研修で語る吉田社長 YKK価値創造塾 新入社員導入教育

機会均等への取り組み

仕事と育児の両立を支援する取り組み

YKKグループでは、子どもを持つ従業員が子育てをしながら、仕事においてもその能力を発揮し、長期的なキャリア形成ができるよう支援しています。2005年度より「育児勤務(時短・時差)制度」を導入し、2007年12月現在46名の方が利用しています。
今後も、より多くの方が育児と仕事の両立ができるように、制度の拡充を図っていく予定です。

定年退職者の再雇用

年金支給開始年齢の引き上げや高齢者雇用の義務化、また高齢社会の到来と若年労働力の減少を受けてYKK APでは再雇用を希望する社員を極力再雇用していく定年退職者再雇用制度(エルダー制度)を、法改正に一年先駆ける形で、2005年4月より新設しました。2006年度実績として83名の再雇用を実現致しました。更に2006年4月より改正高年齢者雇用安定法の主旨に沿う形で、制度改正を行い、2007年度は64歳までの再雇用期間を2009年までには65歳まで延長していきます。

障害者雇用への取り組み

YKK APでは、障害者の雇用も積極的に進めております。2007年4月現在約154名の障害者が営業・供給・製造・技術・管理といった職場で活躍しています。障害者雇用率は、1.63%で残念ながら法定雇用率を若干下回っていますが、これからも社会的に自律できる場の提供を積極的にはかっていきます。
障害者の雇用イメージ

働きやすい職場づくり

「YKKグループ内部通報制度」を導入し、職場環境や労働時間、社内の不正に関し匿名で相談・報告できる仕組みとなっています。さらにセクハラ、心の悩み、健康については、社内・社外に相談窓口を設けて対応しています。

ベストカンパニー2006

YKK APアメリカ社は、雑誌「US GLASS」で、業界でもっとも働きやすい会社として選ばれました。社員への調査によると、従業員教育、福利厚生、昇給といった点で特に優れているという評価結果でした。誌面では、YKKグループの精神「善の巡環」が社員を含むすべての経営活動に反映されていると述べられています。