生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

環境・社会報告書 2006

YKKグループ


 従業員とともに



雇用や安全・健康に対するYKKグループの考え方

YKKグループでは、「自律と共生」という人事理念のもと、社員一人ひとりがそれぞれの役割の中で自ら目標を設定し責任ある行動をする、そして会社と社員が一体となって企業価値を高めることを目指しています。
また、すべての職場の危険有害要因の排除と働く人の心と身体の健康を保持増進し、時代にふさわしい働きやすい職場環境の形成を目指し、全員参加でその具現化に向けて活動を進めています。



YKK深圳社では消防運動会を開催し、安全への意識向上を図っています。

人事制度と人材育成


YKKグループは、企業目標の実現に向かって、社員一人ひとりが能力を最大限に発揮できるよう人事制度の運用や人材育成を行っています。

公正」「納得性」のある人事制度の運用

YKKグループは、会社には多種・多様な役割があり、社員一人ひとりがそれぞれの役割で「プロ」になることが 会社の企業価値を高めると考えます。
人事制度は、この多種・多様な役割を「公正」に評価・処遇するために、社員の担っている役割を「職群」という4 つに分けてそれぞれの特性に応じた運用をしています。
モノづくりの会社として、技術者・技能者の専門分野での専門性や、製造現場・営業現場における業務の熟練 度・習熟度も適正に評価することで、「公正感」、「納得性」を高め、社員のモチベーションアップを図っています。
マネジメント職群 組織のマネジメントを通じて成果を創出する
専門専任職群 専門的な知識やスキル、高い業務能力を発揮することにより、成果を創出する
業務職群 より正確・迅速・効果的に業務を実行して、組織目標の達成に貢献する
担当職群 より高い付加価値を生み出して、組織目標の達成に貢献する

社員の力を引き出す人材育成

YKKグループは、若いうちから積極的に責任ある仕事を任せ、目標を高く持って挑戦する人材の育成を行って います。
社員の力を引き出すために、OFF−JTにも力を入れています。将来の事業を担うビジネスリーダーを育成する 『価値創造塾』では、1年間のプログラムでYKKの経営の考え方や経営に必要な知識・マインドを学び、最後には 役員への経営提言を行います。
女性リーダーを育成する『リーダーシップ研修』では、女性社員の管理職への登用を目的とし、ビジネス知識を修 得後、役員へ企画書の発表を行います。これまでに48名の女性が参加し、うち10名が管理職に登用されていま す。
 
女性リーダーシップ研修の風景 価値創造塾

働きやすい職場作り

■仕事と家庭の両立支援
子を持つ従業員が子育てをしながら仕事においても能力を発揮し、長期的なキャリア形成ができるよう支援しています。
「パパママ教室」の実施や「育児休業奨励金制度」の導入を通じ、女性だけでなく男性の育児休業取得を促進しています。その結果、2007年度は男性6名、女性262名が育児休業を取得しました。
また、次世代育成支援の取組みが認められ、2007年5月には厚生労働省の次世代認定マーク「くるみん」を取得しています。

新米パパとママのための「パパママ教室」

近年、ワークライフバランスの実現が重要課題となっています。
特に家庭や育児の問題は女性のみならず、男性にとっても同様であり、職場の理解も不可欠であることから、YKK AP東北事業所では妊娠中の女性および出産を控えた妻を持つ男性、職場の責任者を対象とした「パパママ教室」を実施しています。
仕事と育児の両立支援制度の紹介や給付金等休業中の収入についての説明、今後のライフプラン検討のほか、従業員同士の情報交換の場ともなっています。

■高齢者雇用の取組み
定年退職者の知識や経験を活用するため、『定年退職者再雇用制度』を導入しています。2008年度は再雇用期間を64歳まで延長しました。現在、314名が制度を利用して働いています。

安全衛生


YKKグループでは、労働安全衛生マネジメントシステムの導入を図り、『危険ゼロ』を目標に、危険性・有害性の調査とその排除を進めています。
一方、安全衛生活動の3本柱である「人づくり、職場づくり、仕組づくり」の内、「安全な人づくり」を目指して、KYT教育・エネルギーリスクアセスメントなどの一般教育、職長教育などの法定教育、VDT作業者などの特別教育を実施しています。
また、危険に対する感受性の希薄化が危惧される中、クレーン作業やフォークリフト運転などの「体感教育」を実施して、危険感受性の高揚と技能の向上を図っています。
 
クレーンの体感教育 フォークリフトの体感教育

健康の保持・増進


私たちの働く環境が大きく変わっています。生産技術の進歩や国際化の推進に伴い就業形態が多様化し、従業員の平均年齢も年々上昇しており、生活習慣病対策、ストレス性疾患や慢性疲労対策、海外赴任者のケアなど、健康管理として対応すべき課題も多岐にわたってきています。

■メタボリック対策
黒部事業所では、従業員の約2割がBMI 25以上の肥満者であり、特に40歳以上の男性では約3割を占めています。このため、産業医や専門スタッフ・THP専門委員会・YKK健康保険組合が連携して「健康教室」や「予防キャンペーン」を展開しており、少しずつですが成果をあげてきています。
減量プログラム『メタボ脱却スクール』
 
健康教室『メタボリックシンドローム脂肪細胞の秘密』


 
YKK香港社
従業員の健康促進を目的として、香港・深圳西部道路完成記念のチャリティーウォークに参加しました。
YKKポルトガル社
屋外に喫煙所を設け、工場全ての建物内で全面禁煙を実施しました。