生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

環境・社会報告書 2006

YKKグループ


 従業員とともに



雇用や安全・健康に対するYKKグループの考え方

YKKグループでは、「自律と共生」という人事理念のもと、社員一人ひとりがそれぞれの役割の中で自ら目標を設定し責任ある行動をする、そして会社と社員が一体となって企業価値を高めることを目指しています。
また、すべての職場の危険有害要因の排除と働く人の心と身体の健康を保持増進し、時代にふさわしい働きやすい職場環境の形成を目指し、全員参加でその具現化に向けて活動を進めています。

「公正」「納得性」のある人事制度の運用

YKKグループは、会社には多種・多様な役割があり、社員一人ひとりがそれぞれの役割で「プロ」になることが 会社の企業価値を高めると考えます。
人事制度は、この多種・多様な役割を「公正」に評価・処遇するために、社員の担っている役割を「職群」という4 つに分けてそれぞれの特性に応じた運用をしています。
モノづくりの会社として、技術者・技能者の専門分野での専門性や、製造現場・営業現場における業務の熟練 度・習熟度も適正に評価することで、「公正感」、「納得性」を高め、社員のモチベーションアップを図っています。
マネジメント職群 組織のマネジメントを通じて成果を創出する
専門専任職群 専門的な知識やスキル、高い業務能力を発揮することにより、成果を創出する
業務職群 より正確・迅速・効果的に業務を実行して、組織目標の達成に貢献する
担当職群 より高い付加価値を生み出して、組織目標の達成に貢献する

社員の力を引き出す人材育成

YKKグループは、若いうちから積極的に責任ある仕事を任せ、目標を高く持って挑戦する人材の育成を行っています。
社員の力を引き出すために、OFF−JTにも力を入れています。将来の事業を担うビジネスリーダーを育成する 『価値創造塾』では、1年間のプログラムでYKKの経営の考え方や経営に必要な知識・マインドを学び、最後には 役員への経営提言を行います。
女性リーダーを育成する『リーダーシップ研修』では、女性社員の管理職への登用を目的とし、ビジネス知識を修得後、役員へ企画書の発表を行います。これまでに48名の女性が参加し、うち10名が管理職に登用されています。
 
価値創造塾の風景

仕事と家庭の両立支援

子どもを持つ従業員が子育てをしながら仕事においても能力を発揮し、長期的なキャ リア形成ができるよう支援しています。
「パパママ教室」の実施や「育児休業奨励金制度」の導入を通じ、女性だけでなく男性の育児休業取得を促進しています。その結果、2008年度は男性15名、女性259名が 育児休業を取得しました。
また、次世代育成支援の取組みが認められ、厚生労働省の次世代認定マーク「くるみん」を取得しています。


 
「仕事と育児の両立に関する掲示板」を立ち上げました

男性の育児休業取得

<ある男性取得者の声>
「寝不足にもなったし、体力的にしんどいこともありましたが、妻一人 に任せるのと、協力しながら育児をするのでは大きな違いがあり、育児を通して自分も成長できたと思います。」

再雇用制度

定年退職者の知識や経験を活用するため、『定年退職者再雇用制度』を導入しています。
2009年度は再雇用期間を65歳まで延長しました。現在、536名が制度を利用して働いています。

裁判員制度への対応

「司法に対する国民の理解の増進とその信頼の 向上に資する」という裁判員制度の目的を尊重し、 社員が裁判員制度に参加しやすい社内制度を整 えています。
裁判員に選任された場合は、スケジュールを調 整し、公務休暇を取得して裁判員として活動する こととしています。

安全衛生


YKKグループでは、労働安全衛生マネジメントシステムの導入を図り、『危険ゼロ』を目標に、危険 性・有害性の調査とその排除を進めています。作業環境の改善や安全衛生活動の充実に伴って、 職場の危険性・有害性が少なくなる一方、危険に対する感受性の希薄化が危惧されてきています。 これに対応するため、体感教育の実施と充実を図っていますが、今後はVベルトへの巻き込まれや 有機溶剤の爆発体験装置など、より身近な機械・装置で実施できるように準備を進めています。 日々の健康確認による体調管理や個々の危険感受性の向上は、安全衛生活動の重要実施事項と 考えています。
 
「有機溶剤の爆発体験」装置 割り箸を使った 「Vベルトへの巻き込まれ体験」装置
 
 
YKK深圳社
硫酸の漏洩事故を想定した模擬訓練
YKKコロンビア社
「毎日快適で幸せを感じる職場」をモッ トーに、始業時前の笑顔体操や、リフレッ シュタイムを利用した健康確認(お互いの 身体状況チェック)を行っています。

健康の保持・増進


新型インフルエンザの発生や生活習慣に起因する疾病の増加など、健康管理として対応すべき課題も多岐にわたってきています。 また就業形態が多様化しライフスタイルも変容してきており、それらに起 因する生活習慣病対策、ストレス性疾患や慢性疲労対策、海外赴任者のケアなどに努めています。

今こそ、一人ひとりが自らの健康に関する認識を深め、健康確認とその維持・改善のための習慣を実 践することが大切です。様々な機会を通して、その啓蒙と実践指導を行っています。

■測る・知る・行動する(2008年健康フェスタ:黒部)

健康相談『血圧測定』

自分の身体を知ろう『健康・体力測定』

健康教室職場で簡単実践
『イスを使ったエクササイズ』

運動体験
『簡単エアロ、ボールエクササイズ』

 
インドネシアグループ
新型インフルエンザの予防と対処について、従業員全員に対し説明会を行いました。
YKKバングラデシュ社
全員参加のカンパニーピクニックを行い、従業員の親睦を深めると共に、日頃の仕事のリフレッシュを図りました。