生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

環境・社会報告書 2006

YKKグループ


 従業員とともに



雇用や安全・健康に対するYKKグループの考え方

YKKグループでは、「自律と共生」という人事理念のもと、社員一人ひとりがそれぞれの役割の中で自ら目標を設定し責任ある行動をする、そして会社と社員が一体となって企業価値を高めることを目指しています。
また、すべての職場の危険有害要因の排除と働く人の心と身体の健康を保持増進し、時代にふさわしい働きやすい職場環境の形成を目指し、全員参加でその具現化に向けて活動を進めています。

「公正」「納得性」のある人事制度の運用

YKKグループは、会社には多種・多様な役割があり、社員一人ひとりがそれぞれの役割で「プロ」になることが 会社の企業価値を高めると考えます。
人事制度は、この多種・多様な役割を「公正」に評価・処遇するために、社員の担っている役割を4つの「職群」に分けてそれぞれの特性に応じた運用をしています。
モノづくりの会社として、技術者・技能者の専門分野での専門性や、製造現場・営業現場における業務の熟練 度・習熟度も適正に評価することで、「公正感」、「納得性」を高め、社員のモチベーションアップを図っています。
マネジメント職群 組織のマネジメントを通じて成果を創出する
専門専任職群 専門的な知識やスキル、高い業務能力を発揮することにより、成果を創出する
業務職群 より正確・迅速・効果的に業務を実行して、組織目標の達成に貢献する
担当職群 より高い付加価値を生み出して、組織目標の達成に貢献する

社員の力を引き出す人材育成

YKKグループは、若いうちから積極的に責任ある仕事を任せ、目標を高く持って挑戦する人材の育成を行っています。
社員の力を引き出すために、OFF-JTにも力を入れています。将来の事業を担うビジネスリーダーを育成する『価値創造塾』では、1年間のプログラムでYKKの経営の考え方や経営に必要な知識・マインドを学び、最後には役員への経営提言を行います。
 
価値創造塾の風景

社長車座集会・語らいの場

YKKグループでは『企業価値を高めるための人・風土づくり』のために、経営理念の浸透活動をおこなっています。
浸透活動の一環である『社長車座集会』「語らいの場」では、社長を始めとした役員と社員が直接対話をすることで、社員が経営理念の原点を知り、体得することを目的としています。

階層別研修

YKKグループでは、各階層におけるチームマネジメントの強化を目的として、新規昇格者を中心とした階層別研修をおこなっています。
2009年度はグループ全体で、200名の受講者がありました。

女性の登用

YKKグループでは、経営戦略として女性社員の活躍推進を進めています。女性社員の活躍できる基盤を整備し、管理職への登用を積極的に行っています。2009年度は全管理職2,611名のうち21名(0.8%)が女性となっており、今後2012年度に2.5%を目標に登用を推進していきます。

仕事と家庭の両立支援

子どもを持つ従業員が子育てをしながら仕事においても能力を発揮し、長期的なキャリア形成ができるよう支援しています。
「パパママ教室」の実施や「育児休業奨励金制度」の導入を通じ、女性だけでなく男性の育児休業取得を促進しています。その結果、2009年度は男性9名、女性256名が育児休業を取得しました。
また、次世代育成支援の取組みが認められ、厚生労働省の次世代認定マーク「くるみん」を取得しています。  

再雇用制度

定年退職者の知識や経験を活用するため、『定年退職者再雇用制度』を導入しています。
再雇用期間は65歳までとなっており、現在、563名が制度を利用して働いています。

ASAO Region General Meeting

ASAO Region General Meeting(通称 ARGM)が2004年にスタートして、6年目を迎えました。7回目の開催となった2009年も、例年通り日本から吉田社長を迎え、10カ国から90人が参加しました。
この会議は、研修の性質を持っており、 その目的としては、事業環境の変化に関する情報共有や意見交換や、各国の事業活動の相互理解を深めるために行っています。参加者は、プレゼンテーションや討議、フィードバックを通して、情報共有や意見交換に止まることなく、「自分がいま何をしなくてはいけないのか」といった主体性など多くのベネフィットを得ることができます。
終了後は、参加者全員で晩餐会を行いました。 それぞれが、異文化を持った参加者であり、異なった色や伝統的な服装をドレスコードとして楽しみました。これだけを見ても、 ASAO地域の多様性を示すものと思います。

※ASAO Region General Meeting:
アセアン・南アジア・オセアニア地域全体会議

安全衛生


災害防止を図る上で、職場に潜在する危険性または有害性を顕在化させ、見積ったリスクの大きさを勘案して対策を樹立し、その除去・低減を図るというリスクアセスメントの手法は非常に効果があります。できるだけ多くの方々にこのリスクアセスメント手法を学んでいただき、身の回りから危険性及び有害性が除去・低減されれば、災害から身を守ることができます。
YKKグループでは、さまざまな教育機会を通して、人材育成に努めています。
YKK(株)黒部事業所
2009年度は、特別に工機事業の約1,000名の社員にリスクアセスメントの集中講座を実施しました。
   
YKKポルトガル社
危機管理の一環として、毎年状況設定を変え防災訓練を行っています。
2009年は、地震による染色工程での苛性ソーダーへの酢酸の流出を想定して、地域の消防と共同で行いました。

健康の保持・増進


日本では、健康診断結果における有所見率が6割を超え、また業務を遂行する上で何らかのストレスを感じている人の割合も5割超えてきました。YKK社員に関しても同様の傾向が見られ、慢性疾患管理や特定保健指導を通して生活習慣の改善に向けてさまざまな支援をしています。
今一度、私たち一人ひとりが自らの健康に関する認識を深め、健康確認とその維持・改善のための習慣を実践することが大切で、さまざまな機会を通して、その啓蒙と実践指導を行っています。

YKK(株)黒部事業所
職場の要請により、アロマテラピーなどの癒し療法を実施しました。
   
YKK(株)黒部事業所 ファスニング
管理者向け禁煙講座を実施し、ファスニングの建屋内は全面禁煙となりました。
   
YKKフィリピン社
地域の住民も交えて健康チェックや歯科診断が実施されました 。

心とからだの健康相談窓口の設置

YKKグループでは、社員の心と身体の健康を保持増進するための取り組みの一つとして、健康相談窓口を社内外に設置し、社員が面談や電話・メールで相談できるようにしています。
社内では、各事業所の産業医、健康管理センターの医師・保健師・看護師が相談にのっています。この他に、職場の人間関係などの労働環境に関する悩みを匿名でも相談できる「快適ワーク相談窓口」を設け、働きやすい職場づくりを目指しています。