生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

社会・環境報告書2010

YKK APの環境活動


 環境会計


YKK APは、環境活動に投入される費用を明確にし、より効率的かつ効果的な、環境投資を行うための環境経営判断に活用するとともに、社会に企業姿勢を示す材料として環境会計情報を開示します。

2009年版 環境会計結果

環境保全コスト

項目 主な取り組みの内容及びその結果 2009年度 2008年度
2007年度 設備投資 2007年度 経費 2006年度 設備投資 2006年度 経費
事業エリア内コスト公害防止コスト
廃水処理設備の運転管理費用
45 418 85 411
事業エリア内コスト地球環境保全コスト
廃熱回収設備・高効率照明機器の導入
224 21 156 24
事業エリア内コスト資源循環コスト
リサイクル化の推進と減容化の推進
21 668 17 942
事業エリア内コスト計 290 1,107 258 1,377
上・下流コスト
グリーン購入の推進とリサイクルシステムの構築
3 128 33 177
管理活動コスト
ISO14001維持管理費、環境報告書発行等
6 164 8 175
研究開発コスト
環境配慮型製品の開発
4 1,738 1 1,853
社会活動コスト
緑地の整備管理費用
0 24 1 50
環境損傷対応コスト 0 0 0 0
その他のコスト
消防設備等の点検と管理
2 10 4 20
合計 305 3,171 305 3,652

環境保全効果

環境パフォーマンス指標 単位 基準期間との差(環境保全効果)
2009年度 環境負荷量 2008年度 環境負荷量
CO2排出量 t 224,315 255,859 31,544
SOx排出量 t 23 41 18
NOx排出量 t 29 66 37
水使用量 t 9,413 11,770 2,357
BOD負荷量 t 24 32 8
COD負荷量 t 13 20 7
排出物発生量 t 70,901 80,046 9,145
廃棄物最終処分量 t 933 1,751 818

環境保全対策に伴う経済効果

効果の内容 金額
収益 リサイクルにより得られた収入(有価物売却収入) 620
費用節減 省エネルギーによるエネルギー費の節減 58
省資源又はリサイクルに伴う廃棄物処理費の節減 4
合計
682

2009年度実績

2009年度の環境保全コストは、設備投資で3億5百万円、費用で31億71百万円を投入しました。
環境保全効果ではエネルギー効率向上を目指し、設備投資を行った結果、CO2排出量、SOx排出量、NOx排出量が減少しました。
環境保全対策に伴う経済効果については、収益の項目で有価物売却収入として、6億20百万円ありました。
費用節減の項目では、バイオマスボイラーの導入、灯油からLNGへの燃料転換や高効率照明機器の導入により、58百万円節減しました。
リサイクルに伴う廃棄物処理費の節減は、4百万円ありました。