生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

トップメッセージ

技術への更なる挑戦

〜企業価値の向上に努め、社会の発展に貢献します

この度の東日本大震災により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

YKKグループは、企業精神である『善の巡環』のもと、『更なるCORPORATE VALUEを求めて』を経営理念に掲げ、「公正」であることをあらゆる経営活動の行動指針として事業活動を行っています。この精神・理念を精神的支柱として社員全員が共有し、中核事業であるファスニング事業と建材事業を、日本を含む世界71カ国/ 地域で展開しています。

グローバル経営を進めるYKKグループでは、新たな価値の創造によって事業を発展させることに注力しています。市場の要求は年々高まり、ファスニング事業では多様化するニーズへの個別対応、建材事業では窓分野・ファサード(高層建築物外装)分野などにおいて高度な技術力が求められます。この技術力はYKKグループの事業の根幹であります。自らが変革し技術力の更なる強化を推し進めることにより、新しい価値を導き出すものづくりに挑戦してまいります。

また、今回の震災と原発事故で、東電管内以外でも節電が求められています。そんな状況下では、日本人のライフスタイルも当然変わっていくと思います。我慢と言う選択肢もあると思いますが、新しい知恵とノウハウを使って、快適な生活をどう維持・発展させていくのかという課題にも対応しなければなりません。私どもは、環境負荷の低減を徹底して進めています。事業活動・提供する商品は、あらゆる生物、自然に対してやさしく、受け入れられるものでありたいと願っています。この環境への対応を経営の基軸に位置づけ、社会の持続的発展に貢献してまいります。

2011年7月

YKK AP株式会社
代表取締役会長CEO

代表取締役 社長 吉田忠裕 署名
 
代表取締役 社長 吉田忠裕 署名