生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

YKK APの環境配慮型商品

エコプロダクツの開発・拡販推進

YKK APは、環境政策の重点課題に設けているグリーンマーケット対応の主要施策の一つとして、エコプロダクツの開発・拡販を推進しています。製品をつくる過程ではもちろんのこと、使用時、また廃棄時に至るまで、厳しい基準を設定し、それをクリアした商品をエコ商品として定義しています。

エコプロダクツ開発における4つのキーワード

YKK APでは「省エネルギー」「省資源」「リサイクル」「生態系配慮」という4つのキーワードをコンセプトに、生産・使用・廃棄のライフサイクルを通して、環境負荷が少なくお客様の健康にやさしいエコプロダクツの開発を進めています。

4つのキーワード図

環境製品アセスメントと環境ラベル認定商品のかかわり

  • アセスメント評価図

商品開発フローの中で、設計DR/商品DR/量産DRの各デザインレビュー(DR)時に、「環境製品アセスメントチェックリスト」を用いて、省エネルギー、省資源、リサイクル、生態系配慮について、環境製品アセスメント評価を義務付けています。 商品DR時点で、総合評価点が50点以上の商品はエコ商品として認定し、またその中で、省エネルギー、省資源、リサイクル、生態系配慮のどれかの分野または複数の分野で80点以上の商品についてはエコクローバー対象商品としてリストアップされます。

YKK APの環境ラベル

  • エコクローバーマーク図

YKK APでは、消費者が環境に配慮した商品を選択する際の手助けとなるよう、2003年度3月より自己宣言型ラベル(エコクローバー)認証制度を制定しました。トップレベルの環境配慮型商品は、カタログにエコクローバーマークを表示して紹介しています。

エコ商品販売比率の推移

エコ商品の売上比率図 左記のグラフは当社の、エコ商品の売上げ比率です。
当社では、2003年より新商品の開発時に、環境製品アセスメントを行い、エコ商品及びエコ商品の中でも高得点のエコクローバー商品に分類しています。
また、2010年度の販売目標は、エコ商品(目標:79%)及びエコクローバー商品(目標:62%)とも達成しました。
また最近は、エコクローバー商品の比率が高まっています。
今後も引き続きハイレベルなエコ商品の創出を目指して「省エネ」「省資源」「リサイクル」「生態系」に充分配慮した商品開発に取組んでいきます。