生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

YKK APの環境配慮型商品

生活者検証による商品開発

YKK APでは、誰にでも安全で使いやすい商品の開発に取組んでいます。
生活者モニターの方に日常生活に近い状態の中で商品を使っていただきながら、気付いたことや意見を取り入れています。
これらの観察結果や意見を蓄積し、そこから潜在ニーズを発見することで、商品をさらに使いやすく進化させ、安心で快適な暮らしを形にしてお客様に提供していきたいと考えています。

商品開発の姿勢

YKK APでは、商品を使っていただく人(お客様)、空間(住まう居室・住宅)、環境(街・自然)それぞれに「やさしい」商品であることを大切に考えています。
また、検証と改良を繰返して行う「モノづくりサイクル」の姿勢に基づき商品価値を高めようとしています。

YKK APの商品開発の姿勢

生活者検証への取り組み

YKK APでは、以前から自社の「ユニバーサルデザインの原則」に基づいて商品開発を行ってきましたが、2007年5月にオープンした「価値検証センター」において、さらに生活者検証を充実させていきます。
ここでは、生活者モニターによる検証を中心に安全性とユーザビリティ(使いやすさ)を確認しながら、商品開発にフィードバックしていきます。

安全と
デザイン
新しい操作機構について安全性と使い勝手を検証し、デザイン性を保ちながら安全に使える工夫を行います。
日常生活での使いやすさ 子供から大人、お年寄りなど、さまざまな人が使いやすい商品とする為、身長や力の違いによるさまざまな状況を検証し、誰にでも楽に使える工夫を行います。
非常時の
操作性
電動商品では地震などの非常時に、停電した場合でも分かりやすく操作できるようにします。
メンテナンスの
しやすさ
商品を永く使っていただくため、メンテナンスのしやすさを検証し、分かりやすく操作できるようにします。
ユニバーサルデザインの原則図

生活者の視点に立った商品開発

多様なユーザーに対して、よりすべての人のためであることを企業としての社会貢献と位置づけ、商品開発のプロセスの中で、あらゆる生活者の視点に立った商品開発を今後も展開していきます。

商品開発プロセスでの検証の位置づけ

生活者検証での検証事例

商品が実際に使われる状況を再現し、子供から大人、お年寄りの生活者モニターの方に商品を実際に操作してもらい、安全性、使い勝手、清掃性などを検証し、確認しています。
2009年4月現在、生活者モニターには、100名強の方にご登録いただいています。

生活者検証での検証事例 ■日常生活での使いやすさ
さまざまな人に出入りする状況を再現してもらい、使い勝手を検証。どのような状況でも使いやすい工夫へつなげています。
生活者検証での検証事例 ■安全とデザイン
新しい操作機構の商品の安全性と使い勝手を検証。意匠性を保ちながら安全に使える工夫をしています。
生活者検証での検証事例 ■メンテナンスのしやすさ
窓の拭き掃除や網戸の脱着をしてもらい、メンテナンスのしやすさを検証。生活者モニターからの意見を取り入れ、分かりやすい表示ラベルの工夫や改善をしています。
生活者検証での検証事例 ■非常時の操作性
停電した場合を想定して、住宅用電動シャッターの非常開放操作と復帰操作をしてもらい、使い勝手を検証。分かりやすい表示ラベルの工夫や改善をしています。