生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

YKKグループと社会

地域社会とともに

地域社会への貢献に対するYKKグループの考え方

YKKグループの企業活動の根底には、“他人の利益を図らずして自らの繁栄はない”という『善の巡環』の精神が貫かれています。この精神のもと、本業を活かした社会貢献から、本来の事業活動から離れた教育や地域の活性化、そして国際交流のバックアップなど、さまざまな活動にも積極的に取り組んでいます。

YKKグループがいつの時代も地域に信頼され、社会に愛される企業でありつづけるために、これからも新しい文化の創造に貢献できるような活動を、地道に行っていきたいと考えています。

教育・スポーツ支援

東京・西が丘サッカー場で開催された決勝戦
(2010年8月7日)

「全日本少年サッカー大会」は、日本の将来を担う少年たちがサッカーを通じて身体を鍛え、フェアプレーの精神を養い、正しく強くまた想像力豊かな人間の育成を目指して1977年より開催されている大会です。
YKKでは、1980年以来より同大会をサポートしています。

イラプアト エコロジカルパーク(メキシコ)に6万ペソ(約40万円)を寄付。環境教室に参加の子供たちにTシャツを進呈しました (YMEX社)

貧困家庭の女性を対象にした教育支援。6ヶ月間無償で縫製・語学・ITなどの専門教育を提供しています
(インド社)

地元の28校の小学生を対象に環境リサイクルコンテストを開催しました。 学校で発生する廃棄物からつくった作品を出品してもらい、優秀作品をYKKファミリーデーの会場で表彰しました (フィリピン社)

■YKK AP蘇州社の地域貢献活動

YKK AP蘇州社では、地元学校や障がい者の方が通う学校への教育支援を行っています。
2006年からの唯亭学校(蘇州)の環境教育支援では、植樹や環境教室、スポーツ大会、環境施設の社会科見学、環境作文の募集などの活動を行っています。バザーにも参加しており、社員から集められた寄付品は2006年から延べ1,733個、バザー参加は9回となりました。
2010年は蘇州工業園区博愛学校(知的障がい専門学校)へのボランティア訪問やクリスマスパーティの開催を行いました。さらに電気給湯器の寄付や、水治療法室への商品(窓)の提供と費用の一部負担による改装工事支援を行いました。)


キンモクセイの植樹


電気給湯器の寄贈


小学生向け環境教室


水治療法室へ「窓」を提供

清掃活動

YKKインドネシア社では、学生に対して、YKKモノづくりセミナー「ファスニング エクスペリエンス」を開催しています。 2009年度は294回開催し、7,312名もの学生が工場を訪れました。
専任スタッフによるファスナーの仕組み、強度・耐久性、バラエティに富んだ用途などを紹介し、子供達はゲーム感覚でYKKのモノづくりを体感学習できます。また、環境に配慮した生産設備の工場見学では、環境問題の大切さを伝えています。
今後も展示内容を充実させ、多くの学生の社会勉強の助けとなることで、地域社会へ貢献していきたいと考えています。

2010年10月に開催された河川クリーン活動。 従業員100名が参加しました。(USA 社(Macon) )

河川清掃活動には工場長を含め30名の従業員が参加しました。(韓国社)

医療支援

乳がん募金キャンペーン「第17回レブロンウォーク」に参加しました。
(USA社 (Anaheim):2010年5月8日)

 

近隣住民を対象とした健康診断を実施しています。
(インドネシア社)

 

シータワカ輸出加工地区(SPEZ)での献血活動。 近隣工場の従業員、SPEZの役職員も参加しています。
(スリランカ社)

災害支援

YKKグループでは、パキスタンで発生した洪水の被災者への救済や被災地の復興に役立てていただくために、義援金としてUS$3万(約260万円)を、YKKホールディング・アジア社より国際赤十字にお贈りしました。

■東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被災地への支援活動

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)において、YKKグループでは、被災者の皆様や被災地の復興支援として、日本赤十字社を通じ義援金1億円を寄付いたしました。また、被災された皆様の生活基盤を確保するため、水・食料・衛生用品などが不足する被災地や避難所への救援物資の提供を行いました。今後も各地の対策本部と連携を取りながら、継続的な支援活動を展開する予定です。

大崎市への救援物資発送
(2011年3月15日)

緊急災害用仮設ユニット「QS72」(第一建設(株)製)
3月23日・3月29日、宮城県石巻市 石巻赤十字病院に100ユニット寄付

■ウォール・ペイント・ワークショップの開催

YKKグループでは、若手アーティストによる被災者支援活動「Artists’ Actionfor JAPAN」とのコラボレーション企画を実施しました。

ワークショップで被災地の子供達にペイントされる「QS72」 (2011年6月15日)