生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

YKK APの環境活動

地球温暖化防止対策の推進

YKK APは、地球温暖化防止のため、製造・営業・物流部門からのCO2排出量減を目指し、省エネルギー活動や物流の効率化に取り組んでいます。

製造・営業部門の取り組み

YKK APでは製造・営業部門からの出荷重量当りのCO2排出量 年率1%削減を目指して取り組んでいます。2010年度のCO2排出量は、生産量増加の影響もあり、22.1万t-CO2/年で前年度比7.1%の増加(1990年度比26.6%削減)となりました。一方、出荷重量当りのCO2排出量は目標の2007年度比3%削減に対して14.8%の削減となりました。これは省エネ活動の効果のほかに、電力のCO2排出係数変動と生産量増の影響があります。
2010年度は 炉の補修等による熱効率の向上、高効率設備の導入・高効率照明機器の導入を推進しました。
これらエネルギー効率の向上を目指した各部門の省エネ活動により、約1,800t-CO2/年の削減効果が得られました。
また、より正確なCO2排出量を把握するために、2009年度および2010年度のCO2排出量について第三者検証を受けました。

電力使用量の推移図 燃料使用量の推移図(発熱量換算)
CO2排出量の推移図

※今年度よりYKKグループGHG算定ルールに基づき算出しています。
※本ルールに基づき、過去のデータも遡って修正しています(過去の把握できない排出量は、2010年度のデータを使用しました)。

物流部門の取組み

YKK APの物流部門の2010年度実績はCO2原単位111kg-CO2/tとなり、目標の2007年度比3%削減に対して1.7%削減となりました。これは生産の集約により一部製品の輸送距離が延びた影響によるものです。製造・営業部門同様、物流部門からのCO2排出量の削減のため、更なるモーダルシフトの推進・輸送距離の短縮化に取り組みます。

運輸部門の省エネ強化図 CO2排出量の推移図

※CO2原単位は輸送重量あたりのCO2排出量を示します。