生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

ビル用窓の断熱化環境配慮型商品

EXIMAシリーズ

 YKK APは、ビル用基幹商品を『EXIMAシリーズ』として一新しました。
 ビル建築は建物自体の断熱性が比較的優れているため、木造戸建住宅と比べて開口部の断熱化が遅れています。特に大都市圏を含む5・6・7地域(改正省エネ基準地域区分)、出荷量が全国の約8割を占めるボリュームゾーンで、それが顕著です。
 『EXIMAシリーズ』では、地球温暖化防止に向けて、ビル建築分野の省エネ水準を押し上げるべく、より高い省エネ効果を発揮する 中間空気層12mm複層ガラスへの対応を可能としました。

詳細情報はこちら

EXIMA31 中間空気層12mm複層ガラス対応

 開口部の断熱性を高めることで、温室効果ガス排出量削減、暖冷房費削減、結露抑制効果を発揮します。
 全窓種対応可能で建物一棟全体として地球温暖化防止、快適な室内環境の実現に貢献します。

1住戸あたりの年間CO2排出量比較


※当社試算 集合住宅モデル(中住戸)、6地域(東京)の場合 

複層ガラス用ガスケット

 30mm溝幅で、中間空気層12mm(最大16mm) 複層ガラスに対応可能
※EXIMA31(GRAF工法)に対応

EXIMA32 アルミ枠形材断熱構造

下枠部構造イメージ

下枠の熱伝導イメージ(社内試験)

 枠にウレタン樹脂断熱材をはさみ込んだ構造で、外部からの熱伝導を遮断。
 従来以上の高い断熱性と防露性を実現します。

EXIMA91c アルミカーテンウォール断熱対応

方立・無目断熱カバー

 方立・無目に部材を追加し、アルミカーテンウォールの断熱性を向上します。

■断熱性向上のポイント
 方立・無目(本体)をアルミカバーで覆うことで、屋外側に空気の断熱層を形成し、フレームの断熱性を向上させます。
 接合部に熱抵抗の高いスペーサーを使用することにより断熱効果を損ないません。
 外観見付寸法は方立65mm、無目60mmとなり、スリムな意匠を実現します。

方立断面

 

無目断面

 

■快適な室内環境、省エネへの配慮
 方立・無目の断熱構造により、断熱性能H−3等級相当を確保します。

方立

無目

断熱カバー + A12複層ガラス⇒断熱性能H−3等級相当

社会・環境報告書2014