生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

グリーン調達低炭素・循環型社会の実現

 YKK APでは、安全で環境にやさしい商品を調達するため、グリーン調達ガイドラインを制定し、事業活動全体の環境負荷低減と資源循環型商品の開発・提供を推進しています。
 また、お客様へ安全な商品を提供するため、調達品に含まれる化学物質情報と製品構成情報を統合した独自の管理システムを導入し、製品に含まれる化学物質の管理を推進しています。

製品含有化学物質管理の推進

 YKK APは製品含有化学物質管理を推進するため、グリーン調達情報と製品構成情報を一元管理するシステム(C-Map※1)を2006年度に構築しました。
 管理する化学物質の選定においては、従来の化学物質法規(化学物質審査規制法、化学物質排出把握管理促進法等)及び労働安全衛生法や、欧州の各種法令等を考慮し、随時管理物質を更新しています。
 また、YKK AP環境負荷物質調査ガイドラインを制定し、製品に含まれる環境負荷物質の含有量を把握し、より緻密な化学物質管理を進めることにより、お客様へ供給する商品の化学物質リスク低減に努めています。

※1 製品含有化学物質管理システム(Chemical Material System of YKK AP)

YKK AP 環境負荷物質調査ガイドライン

YKK APが生産及び販売する製品を構成する部品、材料等に含有する環境負荷物質について、
含有率等を明確に把握することを通して、以下の事項を推進します。

  • ・ 顧客要求に迅速に対応すること
  • ・ 環境配慮型商品開発(エコプロダクツ)の指針となること
  • ・ 環境リスク回避を図ること
製品環境情報の流れ
C-Mapイメージ

C-Mapイメージ

製品構成情報と調達品に含まれる化学物質情報を統合した独自の管理システムで、製品に含まれる化学物質を管理しています。

 C-Mapでは、製品を構成する部材、部品をその材料まで展開し、それに含まれる化学物質、およびVOC(揮発性有機化合物)の放散情報を管理しています。
 C-Mapの活用によりお客様からのお問い合わせに迅速に対応するとともに、製品の化学物質リスク低減に努めています。

社会・環境報告書2014