生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

環境管理会計低炭素・循環型社会の実現

 YKK APは、持続可能な発展を目指して環境活動に投入される費用を明確にし、より効率的かつ効果的な、環境投資を行うための環境経営判断に活用するとともに、ステークホルダーに対して説明責任を果たすため、環境会計情報を開示します。

2013年度 環境会計結果

環境保全コスト実績

項目 主な取り組みの内容及びその結果 2013年度 2012年度
2007年度 設備投資 2007年度 経費 2007年度 設備投資 2007年度 経費
事業エリア内コスト公害防止コスト
廃水処理設備の運転管理費用
30 483 67 535
事業エリア内コスト地球環境保全コスト
廃熱回収設備・高効率照明機器の導入
489 38 259 117
事業エリア内コスト資源循環コスト
リサイクル化の推進と減容化の推進
0 232 11 380
事業エリア内コスト計 519 753 337 1,032
上・下流コスト
リサイクルシステムの構築
0 55 9 62
管理活動コスト
ISO14001維持管理費、環境報告書発行等
0 121 3 157
研究開発コスト
環境配慮型製品の開発
0 2,374 3 2,355
社会活動コスト
緑地の整備管理費用
0 34 0 44
環境損傷対応コスト 0 0 0 0
その他のコスト
消防設備等の点検と管理
0 5 3 0
合計 519 3,342 355 3,650

環境保全対策に伴う経済効果

環境パフォーマンス指標 単位 基準期間との差(環境保全効果)
2013年度 環境負荷量 2012年度 環境負荷量
CO2排出量 t

322,558

295,693

26,865

SOx排出量 t 26 27 ▲1
NOx排出量 t 48 38

10

排水量 千m3 11,444 10,715

729

BOD負荷量 t 28 29 ▲1
COD負荷量 t 20 16

4

排出物発生量 t 98,864 80,030

18,834

廃棄物最終処分量 t 1,010 1,022

▲12


環境保全効果

効果の内容 金額
収益 リサイクルにより得られた収入(有価物売却収入) 960
費用節減 省エネルギーによるエネルギー費の節減 132
省資源又はリサイクルに伴う廃棄物処理費の節減 9
合計
1,101

2013年度実績

 2013年度の環境保全コストは、設備で5億19百万円を投資し、費用は、33億42百万円でした。
 環境保全対策に伴う経済効果については、収益の項目で有価物売却収入として、9億6千万円ありました。
 費用節減の項目では、押出ライン並びに、照明の高効率化等により、132百万円節減しました。
 リサイクルに伴う廃棄物処理費の節減は、9百万円ありました。

社会・環境報告書2014