生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

お客様への
情報提供強化の取り組みお客様満足度の向上

『製品安全基本方針』の制定と製品事故情報の開示

 YKK APでは品質委員会を設置し、『YKKグループ品質憲章に沿って、“お客様との信頼”を大切にし、“品質へのこだわり”をもって、建材商品・サービスをお届けする為に、『品質』・『製品安全』・『製造物責任(PL)』等にお客様の視点で積極的に取り組み、質の高い商品を提供し続けることにより、YKK APブランドの価値向上に寄与する』を基本方針として、各本部の支援、社員に対する教育・啓蒙、YKKグループ方針のYKK APへの展開などの活動を行い、商品の本質安全の追求と関連情報の共有を進めています。
 この活動に対する全社的な取り組みの柱として、2008年11月に『製品安全基本方針』を制定し、12月にホームページに掲載して社会に向けて発信しました。
http://www.ykkap.co.jp/company/japanese/safety/

 この基本方針は、安全宣言と7つの行動指針からなり、経営者から社員一人ひとりまで、全社的な製品安全体制の構築と、製品事故が発生した場合に迅速かつ適切な対応に取り組むことが謳われています。社員一人ひとりが、この行動指針を意識し、具体的な自主行動計画に落とし込んで行くことで、製品安全の確保に努めます。
行動指針の『2.製品の安全確保』では、『製品の安全に関する公的基準に加え、生活者の視点に立った自主基準を定め、製品自体の安全確保を図るとともに、製品を使用されるお客様、製品の取扱事業者に適切な情報を提供することにより誤使用や不注意による事故の防止に努めます』と謳い、お客様への情報提供を製品の安全確保における重要事項と位置づけています。
 YKK AP商品を安全にお使い続けていただくために、日常生活の中で注意していただきたいポイントの紹介と併せて、2009年4月からこの行動指針に基づき、経済産業省、消費者庁などの行政機関に報告した事故情報をホームページ上で開示することにより、類似事故の防止に努めています。
http://www.ykkap.co.jp/support/safety/

 2014年度YKK APは、『製品安全基本方針』に基づく製品安全活動が評価され、「平成26年度 第8回製品安全対策優良企業表彰」において、「経済産業大臣賞」を受賞しました。同賞の受賞は平成22年度(第4回)に続き2回目の受賞となります。生活者の安全・安心に向けての取り組みをさらに進め、これからも製品安全のトップランナーとして活動を続ける所存です。

お客様への啓発活動

 YKK AP商品をご使用の皆様に向けて、主に木造住宅用商品では、お施主様・使用者様向け取扱説明書として「使い方&お手入れガイドブック」を発行し、建設会社様などを通して配布しています。また、「ビル商品取扱説明書」なども含めて、ホームページに掲載して、YKK AP商品をご使用いただいている方だけでなく、これからお住まいを建てようと考えている方など、より多くの方々に使っていただける最新の情報提供をしています。

商品のお手入れ方法 ホームページ
http://www.ykkap.co.jp/support/care/

使い方&お手入れガイドブック

マニュアル オブ ザ イヤー

 「使い方&お手入れガイドブック」は、掲載する操作項目の安全性や文章の分かりやすさなどを「生活者検証」により確認し、制作しています。「使い方&お手入れガイドブック 窓・ドア編」は、「日本マニュアルコンテスト2014」(主催:一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会、後援:経済産業省)で、最高位賞「マニュアル オブ ザ イヤー2014」を受賞し、「安全かつ適切に窓・ドアを使い続けて欲しいというAPの思いが高い水準で具体化されている」と評価していただきました。

 また近年、強風を伴う豪雨や大雪などの異常気象が発生しています。異常気象により商品本来の性能を超える状況が生じて、商品の脱落、破損などが報告されています。
このような自然環境の変化を踏まえ、ホームページだけでなく、より有効な媒体によってタイムリーにYKK AP商品を安全にご使用いただくための情報を提供するようにしています。

社会・環境報告書2015