生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

環境マネジメントシステム低炭素・循環型社会の実現

 環境マネジメントの効率的な運用を図るために、国内のYKK APでは、全社統合した、ひとつのISO14001で運用しています。全社統一の環境方針に基づき、全社員一丸となって環境経営に取り組んでいます。

内部環境監査

ISO14001:2004年版登録証 和文ISO14001:2004年版登録証 英文

ISO14001登録証

 YKK APでは、コンプライアンスと環境マネジメントシステムの充実を目指し、両者に対する内部環境監査を毎年一回実施しております。
法規制への対応として、YKK APに適用される法律に基づき作成した『法順守チェックリスト』を内部監査に取り入れ、さらに、開発・製造・販売の機能別に内部監査基準を設け、サイト別に行う内部監査と、全社で行う内部監査のダブルチェック体制で実施しています。
 2015年3月の外部審査では、開発・製造・販売各部門での取組を審査いただき、環境マネジメントシステムが、環境経営のツールとして有効に機能していることを評価していただきました。

環境教育の充実

内部監査員養成セミナー2014

毎年各地で開催される
「リスクマネジメントセミナー」

 YKK APでは、従業員一人ひとりが環境活動に取り組む意識をさらに高めるために、パソコンを利用したオンライン学習(eラーニング)をはじめとする「環境自覚教育」を 毎年1回、全社的に実施しています。

 「環境自覚教育」の受講率は毎年100%です。内部監査員教育についても毎年継続的に取り組んでいます。

 内部環境監査の効果的で効率的な運用を行うために、YKK APでは毎年内部環境監査員の育成を行っています。
 また、実務者教育として「リスクマネジメントセミナー」として産業廃棄物管理の講習会等、外部講師による勉強会を全国各地で実施しています。

運送業者への教育

運送業者への教育風景

運送業者への教育風景

 YKK APでは、運送を依頼している運送業者65社の管理者及びドライバー1,371名を対象に、荷扱い教育、安全教育とともに、環境教育を実施しました。
特に、輸送上の不具合による不良返品削減活動を強化することで廃棄物削減に取り組んでおり、2014年度は前年比30%削減することができました。
今後も、取引先関係業者とともに、環境意識の向上に努めていきます。

環境に関する規制等の順守状況

 YKK AP各製造所では、大気・水域の排出について、法律の規制より厳しい自主管理値を設定し、環境負荷データの管理を行っています。また、各サイトの環境情報の一元管理を行い、環境負荷設備の更新状況や環境負荷データなどを社内で共有しています。
2014年度は、環境法令違反、環境事故、苦情の発生はありませんでした。

海外拠点のISO14001取得状況

 海外拠点では10拠点でISO14001の認証を取得しています。

海外拠点のISO14001取得状況

社会・環境報告書2015