YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

カンパニー
YKKグループは、本業を通じた持続可能な社会への貢献に取り組んでまいります。

環境に優しい工法 非溶接工法環境配慮型商品

非溶接工法

 非溶接工法とは、従来の溶接工法に替わる新しいサッシの施工方法です。RC造の建物には樹脂材の硬化によってサッシを固定する「高強度樹脂接合」、S造(ALCパネル納まり)の建物には「アジャストアンカー接合」を展開しています。
 溶接を使用しないため、火気の発生がなく、安全・安心の工法です。動力電源を必要とせず、資材の削減が可能な環境へもやさしい工法です。

詳細情報はこちら

非溶接工法の位置づけ

 非溶接工法は、モルタルを充填する湿式納まりで、従来の溶接工法に替わる新しい工法です。

アンカー固定部のイメージ[RC造]

  • 溶接工法

  • 非溶接工法(高強度樹脂接合)

  • 溶接工法

  • サッシ枠側のアンカー部品と埋込みアンカーを連結筋を介して溶接しサッシを固定。埋込みアンカーなどの関連部品や溶接時の動力電源の確保が必要。

  • 非溶接工法(高強度樹脂接合)

  • 躯体に打ち込んだ打鋲ピンとサッシ枠側のアンカー部品の間に粘性のある樹脂剤を注入し、その材料の硬化によりサッシを固定。火気の発生がなく、動力電源を使用しない工法です。

アンカー固定部のイメージ[S造(ALCパネル納まり)]

  • 溶接工法

  • 非溶接工法(アジャストアンカー接合)

  • 溶接工法

  • サッシ枠側のアンカー部品と躯体(開口補強)を連結筋を介して溶接で固定。溶接用の連結筋や動力電源の確保が必要。

  • 非溶接工法(アジャストアンカー接合)

  • 躯体アンカーを打鋲ピンで躯体(開口補強)に固定し、サッシ枠と躯体側アンカーをネジ止め固定。サッシ枠にアジャストアンカーを取付け、打鋲ピンで開口補強へ固定。火気の発生がなく、動力電源を使用しない工法です。

特長 環境に配慮したエコな施工

 溶接を使わずに躯体へのサッシ固定が可能な非溶接工法が、慣習化した溶接工法が抱えているさまざまな問題点を改善。「安全・安心な施工」「天候に左右されない施工」「環境に配慮した施工」「資材削減に貢献する施工」を実現します。

ご採用物件のご紹介

その他のご採用物件のご紹介

社会・環境報告書2016