YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

カンパニー
YKKグループは、本業を通じた持続可能な社会への貢献に取り組んでまいります。

ネット・ゼロ・エネルギー
住宅・ビルの実現に向けて環境配慮型商品

 地球規模でのエネルギー問題に直面した現在、可能な限りの省エネルギー化と、再生可能エネルギーの導入により、エネルギー消費量が「正味(ネット)ゼロ」となる住宅やビルの実現が求められています。
 日本でも、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)やZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の建設促進に向け、国によるロードマップの策定や法整備が進められており、2030年には新たに建てられる建築物の平均でZEH・ZEBが実現することを目指しています。

ZEH・ZEB

 住宅分野においては、ZEHのさらに上をいく基準もあります。
 「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」(HEAT20)では、省エネと温熱環境の質、コストの両立を目指した断熱水準の指標として、2つの外皮性能グレード(G1・G2)を提案しています。
 YKK APでは、ZEH・ZEBやHEAT20(G1・G2)など、高レベルな断熱基準にも適合するべく、さまざまな商品の開発に取り組んでいきます。

 ■これからの家[ZEH](ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)
ZEHロードマップ ZEHとは
“住宅”で使うエネルギーを「正味(ネット)ゼロ」にする。 ZEHのしくみ
 ■これからの建物[ZEB](ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)
ZEBロードマップ ZEBとは
“ビル”で使うエネルギーを「正味(ネット)ゼロ」にする。 ZEBの概念図(イメージ)
YKK APは、こうしたZEH・ZEBの実現に向けて、さまざまな商品で貢献できるよう取り組んでいきます。

社会・環境報告書2016