YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

カンパニー
YKKグループは、本業を通じた持続可能な社会への貢献に取り組んでまいります。

地球温暖化防止対策の推進低炭素・循環型社会の実現

 YKK APは「商品」の取り組みに加え、国内・海外の「モノづくり」、「物流」におけるCO2削減を推進し、ライフサイクル全体における低炭素社会実現への貢献を目指しています。

「商品」による削減貢献

 「ネット・ゼロ・エネルギー住宅・ビル」の実現に向けて、さまざまな商品でCO2削減に貢献します。
 1990年当時の窓に比べて断熱性の高い窓を販売することによる使用時のCO2削減効果(削減貢献量)は、YKK APがサプライチェーン全体※1で排出するCO2排出量を1,100千トン上回りました(2015年度)。
 断熱性の高い窓を普及し、この差を拡大することにより事業全体として低炭素社会実現へ貢献します。

※1 YKK APの取り組み、計算方法は環境省「グリーン・バリューチェーンプラットフォーム」に掲載

■サプライチェーンのCO2排出量と断熱性の高い窓使用時の住宅のCO2削減貢献量(国内)

【算出条件】

断熱性の高い窓による、住宅の空調エネルギー削減効果(CO2削減効果)を「削減貢献量」として算出
●比較対象:1990年当時の窓(アルミ製)と現在の窓(樹脂製) ●使用期間:30年間(製品寿命)
●算出方法:窓1セット当たり削減貢献量×2015年度出荷セット数
●シミュレーション条件:「【ローエネ】小さなエネルギーで暮らす、地球にやさしい住まい」参照

■サプライチェーンにおける2015年度CO2排出量内訳(国内)

「モノづくり」の取り組み

国内 製造・営業部門

 YKK APは、製造・営業部門のエネルギー原単位(出荷重量当たりのエネルギー使用量)の削減を推進しており、2020年度までに2010年度比20%削減を目指しています。
 2015年度は、全拠点における節電活動の定着とともに、待機電力の削減や見える化による自然エネルギーの活用、エネルギーロスの削減などに取り組みました。
 その結果、2010年度に対して、13%の削減となりました。

■社員一人ひとりが環境アクションを実践

 YKK APでは、全員参加の環境活動の一環として、一人ひとりが省エネ・節電につながる行動を行う「環境(低炭素)アクション25」を実施しており、2015年度は2,392名の社員が参加・実践しました。
 このような社員による環境取り組みの輪を広げる活動を継続していきます。

  • 加湿器効果で風邪も
    シャットアウト!

  • 厚着で体感温度が2.5℃アップ

  • エアコンと扇風機を併用

■2020年・2030年に向けて

 2015年末にCOP21が開催され、「パリ協定」が採択されました。
 YKK APでも、2030年までにCO2排出量30%削減を目指し、先端技術の最大限導入や低炭素・創エネ技術の導入を視野に中長期にわたって着実なCO2削減を目指します。

エネルギー使用量の推移(国内)

※2 「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」の原油換算係数を使用。

CO2排出量の推移(国内)

※3 「YKKグループ温室効果ガス(GHG)算定ルール」に基づき算出。
※4 本ルールに基づき、過去のデータも遡って修正(過去の把握できない排出量は、2010年度のデータを使用)。

海外 製造・営業部門

 海外拠点でも国内同様、生産設備・照明・空調の高効率化など省エネ活動を推進しています。
 2015年度のエネルギー原単位(売上高当たりのエネルギー使用量)は、2010年度に対して3.8%削減となりました。(2015年度よりインド国内の生産拠点分が追加となりました)
 2016年度は前年度比2%削減を目指します。

エネルギー使用量の推移(海外 製造・営業)

※5 「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」の原油換算係数を使用。

CO2排出量の推移(海外 製造・営業部門)

※6 電力排出係数:IEA"CO2 Emissions from Fuel Combustion Highlights"の国別係数を使用

「物流」の取り組み

国内 物流部門

 YKK APの物流部門の2015年度実績はCO2原単位(出荷重量当たりのCO2排出量)で102kg-CO2/tとなり、前年度に対して3%の増加となりました。
 引き続き、モーダルシフトの推進、生産場所の変更による輸送距離の削減、積載率の向上に取り組み、物流部門からのCO2排出量削減を推進します。

エコレールマーク
■モーダルシフトの推進

 YKK APは窓やサッシなどの建材商品の輸送手段の多様化を積極的に推進しており、国土交通省ならびに公益社団法人鉄道貨物協会 エコレールマーク事務局が実施するエコレールマーク制度において「エコレール認定企業」を取得しています。
 2015年度は、黒部越湖製造所で製造された部品の四国製造所への輸送をトラック輸送から鉄道貨物による輸送に切替えました。

CO2排出量の推移図

※7 「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」の特定荷主の計算方式に基づき算出。

社会・環境報告書2016