YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

カンパニー
YKKグループは、本業を通じた持続可能な社会への貢献に取り組んでまいります。

生物多様性への取り組み低炭素・循環型社会の実現

生物多様性の保全

YKKグループにおける生物多様性の取り組み

 YKKグループでは、生物多様性条約における国際戦略並びに第10回締約国会議(COP10)における戦略計画2011-2020と愛知目標を踏まえ、事業活動における生物多様性の損失を止めるための取り組みを進めています。YKK APはYKKと共同で、表1に示す活動をこれまでに行っています。

■表1.生物多様性における国際目標とYKKグループの活動
生物多様性条約
国際戦略
2011-2020目標
(愛知目標)
日本行動目標
企業との関連性
これまでの活動
根本原因対処 目標1:普及啓発 啓発/教育の強化 エコキッズ探検隊等の教育実施
目標2:各種計画への取り組み 経済的な評価 -  
目標3:補助金・奨励措置 各自治体での戦略策定 -  
目標4:生産と消費 持続可能な事業活動のための方針策定、推進 環境方針に「自然共生社会」の文言記載、各種環境活動の推進、影響評価
人為的圧力の最小化と持続可能な利用の促進 目標5:生息地の破壊低減 鳥獣保護法の見直し等 -  
目標6:過剰漁獲の抑制 持続的な農林水産業の促進 -  
目標7:農林・養殖業推進
目標8:化学汚染低減 生息環境維持のための調査研究 WET試験、排水河川での水生生物調査
目標9:外来種防止 計画的な防除の推進 工場内の特定外来種駆除
目標10:脆弱な生態系保護 気候変動の生態学的許容値の設定と取り組み - CO2削減活動
状況の改善 目標11:保護地域拡大 陸域17%、海域10%の保全・管理 -  
目標12:種の保全 レッドリストの整備・保全 -  
目標13:遺伝的多様性の保全 植物遺伝資源保全に関するネットワーク構築 -  
恩恵の強化 目標14:生態系サービスの強化 SATOYAMAの推進 -  
目標15:気候変動対策 生態系の保全と緩和 CO2削減活動、植樹・緑地管理、森づくり、地下水保全活動
目標16:遺伝資源利益の再分配 遺伝資源利用の監視 -  
国家戦略の推進と基盤強化 目標17:国家戦略の策定 国家戦略の見直し -  
目標18:伝統的知識の活用 伝統生活文化の再評価 -  
目標19:知識・技術の向上 生態系に関する科学的知見の充実 -  
目標20:人材・資金の確保 資源動因状況の把握 -  

2015年度取り組み(計画と実績)

2015年度は以下の内容について取り組みました。

【評価】○:達成、△:一部未達、✕:大幅未達

  2011-2020目標
(愛知目標)
2015年度 評価
計画 実績
1 目標4:生産と消費 生物多様性影響評価※1を2015年度中に5ポイントアップ ・国内7拠点で2016年度までの改善目標を設定
・「土地利用」「温暖化対策」等実施により5.3ポイントアップ
2 目標8:化学汚染低減 WET試験※2による生息環境維持のための排水水質評価 ・国内3拠点でのWET試験実施。生態系への影響がないことを確認。
・排水河川での水生生物調査実施※3
3 目標15:気候変動対策 農薬利用による生態系への影響低減手法を2015年度中に社内展開 ・農薬の利用を抑えた病虫害管理のガイドライン作成

※1 環境負荷や土地の利用方法に着目し、YKKグループ独自の生物多様性影響評価を作成し、評価を実施

生物多様性影響評価

※2 WET(Whole Effluent Toxicity:全毒性影響評価)
排水という混合物が生物に与える影響を評価する手法。米国やカナダ、韓国などで法規制化されている。

WET

※3 排水河川での水生生物調査の実施状況

排水河川での水生生物調査

2016年度取り組み

 2016年度は、YKK APの事業活動が生物多様性に及ぼす影響をさらに抑制するため、以下の取り組みを行い、生物多様性保全活動の推進、定着を図っていきます。

  2011-2020目標
(愛知目標)
2016年度取り組み
1 目標4:生産と消費 生物多様性影響評価の改修(評価項目の見直し、評価の実施)
2 目標8:化学汚染低減 生物多様性を考慮した水管理ガイドラインの作成
(取水や排水が事業活動および地域に及ぼす影響の評価、情報開示等に関するガイドラインを策定)

水使用量削減の取り組み

 YKK APは、全拠点で水使用量の削減に取り組んでいます。
 今中期(2013年度~2016年度)は、国内、海外全拠点の水使用量の把握と、水原単位(売上高当たりの水使用量)を2016年度までに2010年度以下にすることとしました。
 国内、海外拠点を合わせた水使用量の2015年度実績は11,870千m3となり、前年度より377千m3減少しました。また、水原単位も2010年度に対して22%の削減となりました。引き続き、工場内で使用する水の循環利用や節水への取り組みにより、更なる水使用量を削減していくことで、水資源の保全を進めていきます。

水使用量の推移(海外・国内 製造・営業)

社会・環境報告書2016