YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

カンパニー
YKKグループは、本業を通じた持続可能な社会への貢献に取り組んでまいります。

エコ商品・サービスの
開発、提供、普及新しい価値の創造

 YKK APでは、環境政策の重点課題である「商品」における施策として、エコ商品・サービスの開発、提供、普及を推進しています。商品をつくる過程ではもちろんのこと、使用時、また廃棄時に至るまで、厳しい基準を設定し、それをクリアした商品を継続的に開発していくことで、地球温暖化の防止や、ネット・ゼロ・エネルギー住宅・ビルの実現に向けて貢献できるよう取り組んでいきます。

方針・考え方

社会的背景

 昨今の電力の需給問題に際して、住環境における省エネ性能が重要視されています。日本の住宅におけるエネルギー消費で大きなウェイトを占める冷暖房エネルギーの削減には、建物の外皮の断熱性能を高めるのが不可欠で、中でももっとも熱の出入りが大きい開口部(窓)の断熱性能をあげることが非常に重要になってきています。

YKK APの目指す姿

 YKK APは、上記の社会的課題を解決する製品・サービスを開発、販売、普及させることで、地球環境にも優しい快適な住環境を創り出したいと考えています。

エコプロダクツ開発における4つのキーワード

 YKK APでは「省エネルギー」「省資源」「リサイクル」「生態系配慮」という4つのキーワードをコンセプトに、生産・使用・廃棄のライフサイクルを通して、環境負荷が少なくお客様の健康にやさしいエコプロダクツの開発を進めています。

4つのキーワード図
■エコプロダクツ開発におけるLCAの考え方

 LCA※1という視点を重視し、「省エネルギー」「省資源」「リサイクル」「生態系配慮」の4つの項目について、原材料の削減、製造時の省資源や生態系配慮、使用段階での省エネ性、廃棄時のリサイクル性について評価し、環境負荷が少なくお客様の健康、快適にもつながるエコ商品の開発を進めています。

キーワード
主な評価項目
省エネルギー
  • ・商品の断熱性、遮熱性、自然エネルギーの活用
  • ・施工性、輸送効率
  • ・使用段階でのその他の省エネ効果
省資源
  • ・原材料の削減
  • ・構成部分の長寿命化
  • ・住まいの長寿命化配慮
リサイクル
  • ・リサイクル材の使用
  • ・廃棄時のリサイクル性(易分解性 等)
生態系配慮
  • ・有害物質の不含有
  • ・再生及び持続可能な資源の利用

※1 ライフサイクルアセスメント

環境長期ビジョン

環境に配慮した商品の開発・提供を通じて社会にプラスの貢献

 YKK APは、ライフサイクルを考慮した環境トップランナー商品の開発、提供を通じて、高断熱窓の普及を推進し、家庭やオフィスでの健康で快適な住環境づくりに繋げるとともに、商品の社会的価値を高め、持続可能な社会の実現に貢献します。

YKK APにおけるリスクと機会

  短期 長期
リスク エコプロダクツの認知、
情報提供不足による拡販機会の損失
省エネ基準の義務化等、社会的要請への対応による
商品開発コスト、関連投資の増大
機会 アワード等の積極的活用によるエコプロダクツの
対外的評価の向上
環境トップランナー商品の継続的開発・販売による
事業の成長と企業の社会的価値の向上

2016年度の統括と今後の展開

エコプロダクツの開発の取り組み

エコクローバーマーク図

 YKK APでは、消費者が環境に配慮した商品を選択する際の手助けとなるよう、2003年3月より自己宣言型ラベル(エコクローバー)認証制度を制定し、運用しています。
 商品開発フローの中で、設計DR/商品DRの各デザインレビュー(DR)時に、「環境製品アセスメントチェックリスト」を用いて、省エネルギー、省資源、リサイクル、生態系配慮について、環境製品アセスメントを義務付けています。
 さらに省エネルギー基準の義務化(2020年度)、ZEH・ZEBの実現・普及という社会的背景を踏まえ、それらに対応すべく業界トップレベルの省エネルギー性能を有する商品を認定する「プラチナエコクローバー商品認定基準」を設けました。これは「窓の省エネルギー性能」(平均暖冷房WEP)を算出し、評価する仕組みです。

エコプロダクツの販売、普及

 YKK APでは、環境製品アセスメントによるエコ商品の評価を開始した2003年度より、全商品の売上高当たりのエコ商品またはエコクローバー商品の売上高を「エコプロダクツ率」として算出しています。また、「エコ商品開発比率」として、各年度ごとの新規開発商品数におけるエコ商品開発数を2007年度から把握しています。
 以下のグラフはその推移ですが、2016年度の「エコ商品開発比率」は、前年度に引き続き100%を達成しました。「エコプロダクツ率」では、エコ商品が87%、エコクローバー商品が69%となりました。
 今後も、より高いレベルのエコ商品の創出を目指して、「省エネ」「省資源」「リサイクル」「生態系配慮」に十分配慮した商品開発に取り組んでいきます。

エコ商品の売上比率図

エコプロダクツの対外的評価

 2016年度は「省エネルギー」をキーワードに、YKK APとして環境トップレベルの商品をお客様へご提案するよう取り組んできました。特に社外からも評価を受けることで、エコ商品のレベルアップを図るとともに、お客様への情報伝達による認知を積極的に進めています。
 その結果、窓リフォーム商品「かんたん マドリモ」が平成28年度省エネ大賞 製品・ビジネスモデル部門において「資源エネルギー庁長官賞」を、高断熱玄関ドア「InnoBest D70」「InnoBest D50」が建材設備大賞2016 特別賞を受賞しました。
 今後も引き続きこのような社会的評価をいただきながらエコ商品・サービスの開発、提供、普及を進めていきます。

■平成28年度省エネ大賞 資源エネルギー庁長官賞を受賞した
 窓リフォーム商品「かんたん マドリモ」

かんたんマドリモ

【受賞内容】
●受賞部門:
 製品・ビジネスモデル部門 資源エネルギー庁長官賞
 (製品(建築)分野)
●受賞製品:窓のリフォーム「かんたん マドリモ」
●受賞理由:
 本製品は、住宅の省エネ化において最も重要な窓の断熱性能向上のため、簡易に断熱性能の高い樹脂窓へのリフォームを可能にする製品である。
 通常の「壁カット工法」では大掛かりな壁工事と長い工事期間、雨漏れリスクを伴ったが、「外壁を壊さない、足場を必要としない、様々な窓に対応できる」を実現するため、戸建て住宅用商品では業界初となる防水シーリングが不要なカバー工法を開発。既設の窓枠に新しい窓を設置するだけで、簡単に窓のリフォームを可能にした。
 単板アルミサッシ窓をトリプルガラス樹脂窓にリフォームすれば、窓からの熱流出を約86%削減でき、既築住宅の断熱化の促進が期待される。

APW430 高性能トリプルガラス樹脂窓・APW330 高性能樹脂窓

アルミサッシと樹脂窓の比較

■建材設備大賞2016 特別賞を受賞した 高断熱玄関ドア「InnoBest D70」「InnoBest D50」

「InnoBest D70」「InnoBest D50」

【受賞内容】
●受賞部門:建材設備大賞2016 特別賞
●受賞商品:高断熱玄関ドア「InnoBest D70」「InnoBest D50」
●受賞の理由(審査員のコメント):
 D70は鋼製ドアとして国内最高となる熱貫流率(U値)0.93W/(m2・k)を実現。採光部を持つD50は高性能トリプルガラスを採用して、断熱性をU値1.55W/(m2・k)に高めながら従来品の5倍以上のガラス面積を確保した。従来の玄関ドアはU値の平均値が4.0程度。国内で初めて1を切るレベルまで断熱性を高め、窓ガラスと同レベルの断熱性能に追いついた。これまで置き去りにされていた玄関ドアの断熱性能に目を付けた点が評価された。

社会・環境報告書2017