YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

ニュースリリース

ニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

2012年4月26日 商品情報

窓辺の新生活提案「アウタールーフ」発売
― 窓からつながる開放的な屋外リビングを実現―


「アウタールーフ」リビング施工例(天井カーテンはオプション)


「アウタールーフ」勝手口施工例

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)は、テラスや勝手口の屋外の屋根に最適な「アウタールーフ」を発売します。
   アウタールーフ」は、屋根と柱、正面パネル材で構成され、屋外リビングや勝手口収納などに適した正面目隠し付き屋根です。省スペースの敷地でも近隣からの視線を気にすることなく、リビングの窓やキッチンの勝手口ドアの内と外を有効に使うことができます。
   例えばテラス戸の先へリビングからつながるデッキを設置し、「アウタールーフ」でやわらかく囲えば窓からつながる開放的な屋外リビングを実現します。狭小地でも外からの視線を気にせず自然光のもとでの食事や、心地よい風を感じながらの読書、目が届きやすいリビングの先にペットやお子様の遊び場として活用できます。
   また、勝手口ドアの先へ「アウタールーフ」を設置することで、キッチンに溜まりがちな生ゴミ、空き缶やペットボトルの屋外収納スペースとなり、キッチンを広く快適にします。
   「アウタールーフ」は外部からの視線をカットし、窓や勝手口ドアの先(屋外)にあるデッドスペースを有効活用することで、窓辺(内・外)の新たな生活を提案します。

商品名 「アウタールーフ」
商品特長
○現代住宅にマッチするデザイン
シンプルでスリムなフレームが窓からつながるわずかなスペースをスタイリッシュに演出します。また、ラグジュアリー感を演出し、天井カーテンレールを兼ねた側枠・垂木化粧カバーを標準設定しています。
○ビス・ねじが見えないディテール、たて樋は柱内蔵納まり
○豊富な正面パネルデザイン
プライバシーを確保し、くつろぎの空間を演出する正面パネル※を本体フレームに設置する商品です。デザインは用途に応じて選べる豊富な7種をご用意し、正面パネルはスパンごとに別々のデザインの組合せも可能です。
※正面パネルなしも可能です。
■1型 横ひし型格子
横格子のシャープなスリムデザインと機能性を活かし、ひし形形状にすることで4つの機能(通風・採光・目隠し・防犯)を可能にします。
■2型 縦格子
スタンダードな30mm×50mmの縦格子デザインが住宅外観をモダンに引き立てます。
■3型 横板格子
板塀風の110mm×15mmの横板格子デザインが目隠しと適度な通風を可能にします。
■4型 エスパリア
独自のトラス構造がつる性植物に覆われた立体的な壁面緑化を実現します。
■5型 多機能ルーバー
採光・通風・目隠し機能をルーバー角度の調整により自在に設定できます。
■6型 強化ガラス(光触媒コート付き)
強化ガラスにセルフクリーニング効果のある<光触媒コート>を標準装備し、イージーメンテナンスでガラスの美しさを保ちます。
■7型 マットパネル
やさしい色合いのミスティマットのクリアさが外観はシャープに仕上げ、空間内にはやさしい光を注ぎます。
サイズ 本体サイズ
間口:1,820mm・2,730mm・3,640mm・4,550mm・5,460mm
※間口サイズの連結は可能です。
出幅: 870mm・1,170mm・1,470mm・1,770mm・2,070mm・2,370mm・2,670mm
高さ:2,100mm・2,500mm
正面パネルサイズ
幅 : 840mm
高さ:1,950mm・2,350mm
カラー(計6色)
単色    : カームブラック(B7)、プラチナステン(H2)
ツートン色: プラチナステン(H2)/カームブラック(B7)
  プラチナステン(H2)/ショコラウォールナット(Z9)
  プラチナステン(H2)/キャラメルチーク(YF)
  プラチナステン(H2)/ハニーチェリー(W7)
※ツートン色は柱、側枠、側枠・垂木化粧カバーがH2以外の色になります。
オプション ・天井カーテン
・ロールスクリーン
・枯葉除けネット
・物干し
価格帯 ・\194,250〜¥1,319,850
(本体フレーム+正面パネル
消費税込み・施工費等別)
※正面パネルなしタイプの価格含む
発売地域 一般地域(積雪20cm地域)
発売日 2012年5月1日
初年度売上目標金額 2億円


ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。

尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

pagetop