YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

ニュースリリース

ニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

2012年5月18日 企業情報

被災地域の窓をよくしながら東北復興を応援
「MADOショップ 仙台芭蕉(ばしょう)の辻(つじ)店」
5月26日(土)グランドオープン

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)は、“MADOショップ東北復興応援プロジェクト”として、5月26日(土)宮城県仙台市青葉区に「MADOショップ 仙台芭蕉の辻店」1をオープンします。

   MADOショップとは、窓についての相談から診断、提案、契約、施工、アフター対応までを一括して行う生活者向けの店舗ブランドです。「ニッポンの窓を良くしたい」というパートナーシップを結ぶ建材流通店が、全国687ヵ所2でショップを開設し、窓の専門アドバイザーとして生活者の皆様へきめ細かい対応を行っています。昨今、窓は環境への配慮やエネルギー問題への対策として注目されています。たとえば遮熱性能の高い窓は夏場の窓から部屋に入り込む熱を抑え、断熱性能の高い窓は冬場に窓辺の冷気や結露を抑えることができ、快適でいながら冷暖房の使用を抑制することでエネルギー使用量を低減します。

   YKK APは東北地域の建材流通店と共に“MADOショップ東北復興応援プロジェクト”を開始します。被災地域の窓をよくするために、生活者が安心して相談できる“わが街の窓のお店”を岩手・宮城・福島の3県に100店の出店を目指します。プロジェクトでは、建材流通店による店舗に加え、YKK APが運営する店舗も3ヵ所開店します。「仙台芭蕉の辻店」はYKK APが運営する東北地域第一号店です。
YKK APは“MADOショップ東北復興応援プロジェクト”を通じ被災地域の住環境の早期復旧・復興への貢献を目指します。

1 芭蕉の辻:江戸時代に仙台城下町の中心であった十字路。
2 2012年3月末現在
 

【MADOショップ 仙台芭蕉の辻店 概要】
営業時間:10:00〜18:00
休業日:毎週水曜日(夏期・年末年始休業あり)
所在地:〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町1−2−1 仙台フコク生命ビル1F・2F
電話番号:022−212−4134
店舗面積:173坪(約570m2
スタッフ数:5名
店舗内容:窓・ドアの展示、窓の相談コーナー、窓の体感器、施工例展示、窓関連雑貨販売、キッズコーナーなど

<交通のご案内>
・JR仙台駅より徒歩15分
・地下鉄南北線
広瀬通駅西5番出口より3分


ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。

尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

pagetop