YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

ニュースリリース

ニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

2012年10月9日 企業情報

YKK AP埼玉窓工場 第二期工事「機能ガラス棟」操業開始
− Low-Eガラス製造ライン追加、“窓”の一貫製造供給拠点 −

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)は埼玉県久喜市菖蒲町台に2011年9月より建設を進めておりました「埼玉窓工場」の第二期「機能ガラス棟」の工事が完了し、10月9日に操業を開始しました。

   「埼玉窓工場」は当社初の“窓”の製造供給拠点として、2011年7月に操業を開始しました。主にYKK APの窓事業カテゴリーブランド「APW」シリーズの生産を行っています。窓事業の中核工場と位置づけ、当社において関東・甲信越エリアで最大規模の製造拠点となります。

   「機能ガラス棟」は、Low-Eガラスの製造供給施設です。最新鋭のスパッタリングラインで生産されたLow-Eガラスを、隣接する窓棟で複層ガラスに切断・加工し、ジャストインタイムで「APW」ラインへと運ばれ、「窓」として埼玉窓工場内で一貫製造されます。
   YKK APでは、1985年から高機能ガラスの生産技術の蓄積を開始し、北海道・富山県に続き3カ所目のLow-Eガラス製造拠点となります。「機能ガラス棟」の操業により、Low-Eガラスの生産能力が2.3倍に増強されます。

   住宅の窓にLow-E複層ガラスを使用することで、夏の太陽熱の室内への侵入を防ぎ、また冬は暖房熱を外に逃がさず、冷暖房費を抑制する効果があります。YKK APは、Low-E複層ガラス装着窓の普及を通じて住宅の省エネ化を推進するため、Low-E複層ガラスの装着率向上に向けた取り組みを行っています。

   また、「埼玉窓工場」は、「環境に配慮し、地域社会に根ざした工場」をコンセプトに、敷地緑化など環境負荷低減と自然環境の有効利用に取り組み、地域との交流を大切にした工場を目指しています。

「機能ガラス棟」環境負荷低減のための取り組み
@ 屋根、外壁に高断熱の建材を使用し、ガラス部分にはLow-E複層ガラスを採用。
A 工場内の照明に高天井用LED照明を採用、従来のメタルハライドランプと比較して消費電力を約5割削減。照度センサーと連動させる事で更なる削減を見込む。
B トップライトを均一に配置し、工場内全域で自然採光を積極的に利用。


※Low-Eガラス:
Low Emissivity(低放射)の略。ガラスの表面に特殊な金属膜をコーティングし放射による熱の伝達を妨げます。

<埼玉窓工場の概要>
所在地 :埼玉県久喜市菖蒲町台(菖蒲南部産業団地 )
敷地面積 :86,716m2
従業員数 :350名(2012年10月)
工場長 :阿部 浩司
<第二期工事の概要>
建物名称 :埼玉窓工場 機能ガラス棟
構造 :S造、地上1階
延床面積 :9,318.89m2
投資額 :約40億円(建屋・設備含む)
着工 :2011年9月
操業 :2012年10月9日
   
主な生産品目 :Low-Eガラス
主な設備 :Low-Eガラス製造ライン
生産能力 :250万m2/年
   
設計・監理 :株式会社竹中工務店
デザイン監修 :大野秀敏・江口英樹/アプルデザインワークショップ
施工 :株式会社竹中工務店・大和ハウス工業株式会社・
 株式会社錢高組 共同企業体


ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。

尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

pagetop