YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

ニュースリリース

ニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

2012年11月22日 企業情報

「非溶接工法」がHEAD(ヘッド)ベストセレクション賞を受賞


「非溶接工法」(高強度樹脂接合方式)


建設会社様による防護ネットシートでのPR例

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)の「非溶接工法」(高強度樹脂接合方式)が『第2回HEADベストセレクション賞』を受賞しましたのでお知らせします。
『HEADベストセレクション賞』は、一般社団法人HEAD研究会*が毎年選定する「優れた建築を生み出すことに貢献しうる、優れた建材・部品」に与えられる賞です。2012年度は「サスティナブルな建材・部品」をテーマとして、第一線で活躍する建築家たちが選考委員となり広い視野で製品を選定しています。

   このたび受賞した「非溶接工法」(高強度樹脂接合方式)は、鉄筋コンクリート構造建築物のサッシ施工時に、溶接を用いずに粘性のある高強度樹脂剤の硬化による接合方式を用いた無火気で躯体に固定する工法です。ビル用サッシ施工で一般的な、アーク溶接での問題点を全面的に改善し、“無火気のため火災リスクゼロ”、“雨天時でも作業可能で工程管理が容易”な点が特長です。火災リスクのない安全・安心な施工は設計事務所様、建設会社様に高く評価いただいており、ご採用物件では本工法について現場仮囲いへのポスター掲示や防護ネットへのPRシートなどで掲示され、周辺地域の方々へ環境に配慮した工事推進のアピールとしてもご活用いただいています。

*一般社団法人HEAD研究会
  「日本の建築と部品の潜在能力をとき放つ」を趣旨として建築家、建築研究者、建材・部品メーカー、その他建築業界関連企業が所属し2008年より研究活動を行っています。
 

pagetop