YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

ニュースリリース

ニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

2012年12月19日 企業情報

シンガポール最大の植物園「Gardens By The Bay Flower Dome & Cloud Forest」
外装カーテンウォール工事を完工

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)のグループ会社であるYKK AP ファサード社(社長:小野寺 哲也、所在地:シンガポール)は、2012年6月、シンガポール最大の植物園「Gardens By The Bay Flower Dome & Cloud Forest」(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ・フラワー・ドーム・アンド・クラウド・フォレスト)」の外装カーテンウォール工事を完工しましたのでご案内します。
   「Gardens By The Bay Flower Dome & Cloud Forest」(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ・フラワー・ドーム・アンド・クラウド・フォレスト)」は、シンガポール政府が掲げる「シティ・イン・ザ・ガーデン」構想に基づき開発された101ヘクタールの広大な庭園の一角に位置し、2つの無柱空間のガラスドームからなる植物園です。ガラスドームの3次元曲面カーテンウォールは、1,000パターンを超す形状の約6,000枚に及ぶガラスにより構成されています。
   YKK AP ファサード社は、ドームの3次元形状を解析し、ガラスおよびアルミフレームのデザインを行うことで、平板ガラスのみで特徴的な曲線を描く大空間を創りだしました。また、複層ガラスの中間層に支持金物を隠蔽することで、ガラスとシールのみによるスムースな外観を実現しています。
   YKK AP ファサード社は、これまでの数多くの高層建築の外装工事で培ってきたノウハウと技術を結集し、超高層・高難度物件における外装の設計・製造や、安全でスピーディーかつ正確な施工を実現しています。

【「Gardens By The Bay Flower Dome & Cloud Forest」(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ・フラワー・ドーム・アンド・クラウド・フォレスト)」概要】
 
所在地 :Marina South(シンガポール)
建築面積 :約16,500m2
延床面積 :約20,000m2
意匠設計 :Wilkinson Eyre Architects
実施設計 :CPG Consultants Pte Ltd
施工 :Woh Hup Pte Ltd.
オープン :2012年6月
※ この植物園は、国際的な建築物の祭典である「World Architecture Festival 2012」において、最高位の「World Building of the year」を受賞。
【YKK AP の主な担当箇所】
ドームのガラスファサード(カーテンウォール、ドア)
施工面積:27,660m2


ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。

尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

pagetop