YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

ニュースリリース

ニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

2013年2月14日 企業情報

TOTO・YKK AP 共同リリース 〜日本の産業の可能性を「家」に集約した展覧会〜
「HOUSE VISION 2013 TOKYO EXHIBITION」に出展 新進気鋭の建築家ユニット、成瀬・猪熊建築設計事務所とコラボレーション
サントリーミドリエ×東 信氏が壁面緑化をプロデュース ビクターエンタテインメントによる最新の音響設備を採用

『HOUSE VISION』 公式サイト   http://house-vision.jp/

TOTOYKK APは、東京・江東区青海で2013年3月2日(土)から24日(日)まで開催される、「HOUSE VISION 2013 TOKYO EXHIBITION」に出展します。
   新進気鋭の建築家ユニット、成瀬・猪熊建築設計事務所が展示空間デザインを担当。東 信(あずままこと)氏のディレクションでサントリーミドリエ社が壁面緑化をプロデュース、さらにビクターエンタテインメント社の最新鋭のハイレゾ音源を使用した空間音響デザイン「KooNe(クーネ)」を採用。日常を忘れた時間を過ごせるひとりのための空間、「極上の間」を展示します。
   「HOUSE VISION」とは、原 研哉氏(日本デザインセンター代表/デザインディレクター/武蔵野美術大学教授)が中心となり、建築家やクリエイターと、エネルギー、移動、通信、不動産、複合家電、住宅設備、医療、家事、宅配などさまざまな産業に関連する企業が参画し、住宅関連市場を本格的に掘り起こしていく活動です。この展覧会では、面積14,441m2の会場に、さまざまな分野を横断する新しい日本の産業の可能性を集約した「家」を展示。約6万人の来場を見込んでいます。

◆日常を忘れた時間を過ごせるひとりのための空間「極上の間」 展示コンセプト
極上の間 ―― ひとりのための空間   成瀬友梨・猪熊 純

つかの間ではあっても、何もせずにひとりになる空間。トイレは家での生活に、ある種の余白を与えるようなスペースなのかもしれません。ひと息ついたり、気分転換したり、ほっとしたり、それはひとりで庭に出るような感覚に似ているかもしれません。そんな思いから、ひとりで占有できる小さな外のような空間を考えました。

外界を隔てる四方の壁の内側を緑で覆い、またプライバシーに関わらない床を最も大きな窓と見立て、大地に向かって開きました。360度緑に囲まれた空間に大小さまざまな窓から光や風、音が取り込まれ、時間や季節による景色の移ろいを感じることができます。暗くて狭い、住宅の隅に追いやられたトイレとは全く違う、透明で広がりのある清浄な空間を実現します。
◆成瀬・猪熊建築設計事務所
成瀬友梨(なるせゆり) 1979年愛知県生まれ。建築家・東京大学助教。
猪熊 純(いのくまじゅん) 1977年神奈川県生まれ。建築家・首都大学東京助教。
2007年成瀬・猪熊建築設計事務所共同設立。「場所のシェア」をコンセプトとした作品に「りくカフェ」、「the scape ®」、「Fab Café」など。INTERNATIONAL ARCHITECTURE AWARDS 2009、DESIGN FOR ASIA AWARDS 2009、Colors Designer International Competition 2008 Special Mentions、WORLD Space Creators Awards大賞など受賞多数。
◆東 信(あずま まこと)
東 信(あずままこと) 植物アーティスト

1976年生まれ。2002年よりオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を営む。2005年より植物による表現の可能性を探求する造形表現Botanical Sculptureを開始し、NY、パリ、ミラノ、上海等の美術館やアートギャラリーで個展を開催。2012年よりサントリーミドリエ(株)クリエイティブディレクター。作品集に『2009-2011 Flowers』『ENCYCLOPEDIA OF FLOWERS 植物図鑑』(ともに共著)、『花と俺』。
◆協力企業 ホームページ
サントリーミドリエ株式会社    http://www.suntory.co.jp/midorie/
ビクターエンタテインメント株式会社  http://www.jvcmusic.co.jp/
展示制作協力 :YKKファスニングプロダクツ販売株式会社 http://www.ykkfastening.com/japan/
◆「HOUSE VISION 2013 TOKYO EXHIBITION」 開催概要  (敬称略)
1. 展覧会ディレクター: 原 研哉
2. 企画コーディネーター: 土谷貞雄
3. 主催: HOUSE VISION実行委員会
4. 制作・進行: 日本デザインセンター 原デザイン研究所
5. 後援: 経済産業省、国土交通省、環境省
6. 会場構成: 隈 研吾
7. 参加企業・建築家:
LIXIL x 伊東豊雄 / Honda x 藤本壮介 / 住友林業 x 杉本博司
無印良品 x 坂 茂 / TOTO・YKK AP x 成瀬友梨・猪熊 純
蔦谷書店 x 東京R不動産 / 未来生活研究会 x 山本理顕・末光弘和・仲 俊治
垂直環境緑化= サントリーミドリエ x 東 信
8. 会期= 2013年3月2日(土)〜24日(日)・23日間
開館時間= 11:00 – 20:00(最終入場受付19:30)、会期中無休
*連日、会場にてトークショー併催。
TOTO・YKK AP x 成瀬友梨・猪熊 純の回は、
3月8日(金)18:00-19:30予定(定員100名)
9. 会場: お台場・青海駅前 特設会場(臨海副都心J区/東京都江東区青海2-1)
10. 会場面積: 14,441m2
11. 入場料 ()内は前売り:
一般1800円(1500円)、学生1500円(1300円)
一般3回券4500円(4000円)、学生3回券3500円(3000円)
12. 公式サイト: http://house-vision.jp
13. 問い合わせ先: 日本デザインセンター 原デザイン研究所 HOUSE VISION事務局
担当 森田瑞穂(TEL. 03-6264-0330) info@house-vision.jp


ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。

尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

pagetop