YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

ニュースリリース

ニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

2013年3月1日 企業情報

インドのアルミ押出メーカー 主要事業譲受けに関するお知らせ

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)は、インドの押出メーカー「Bhoruka Aluminum Ltd. 所在地:インド カルナタカ州(以下、ボルーカ社)」と3月1日にアルミ押出事業の譲受けについて契約いたしましたのでお知らせします。

1.事業譲受けの理由
     当社は、第3次中期経営計画において「海外建材事業の拡大」を掲げ、インフラ投資や住宅市場の成長が著しいインド国内の市場調査を行うなど、新規参入に向けた準備を進めてきましたところ、ボルーカ社より事業譲渡の打診がありました。ボルーカ社は、アルミ押出分野において、急速に整備される社会インフラや建材分野において大きな役割を担っています。また、経営においては「品質」を最も重要視し、その品質を高めるためには人材を大切にする考えを持っている企業でもあります。
   ボルーカ社の企業姿勢は、事業活動から生み出される商品の品質を通じてインド社会に貢献するというものです。この考え方は当社の企業精神である「善の巡環」と合致し、当社のアルミ押出・加工技術との融合により高いシナジー効果が期待できることから、当該事業の譲受けを決定しました。
2.譲受け内容、相手先企業の概要
  譲受け部門 : ボルーカ社におけるアルミ押出事業部門
  所在地      : インド カルナタカ州 マイソール市
  事業内容    : 産業用アルミ形材・建材向けアルミ押出事業
  事業規模    : 売上高 11.5億ルピー(2011年度)
  譲受価格    : 11億ルピー
  出資       : YKK HOLDING ASIA Pte. Ltd.
  【Bhoruka Aluminum Ltd.(ボルーカ社)の概要】
  会社設立    : 1979年
  資本金      : 2億6,184万ルピー
  責任者      : Raj Kumar Aggarwal
3.今後の見通し
     YKK APは、インド国内に新規法人を設立した上で事業譲受けを2013年3月末までに完了する予定です。今後におきましては、ボルーカ社が築いてきた生産設備や販売チャネルを活用するとともに、当社の商品力・技術力・ビジネスモデルを融合することで高い相乗効果を導き出し、インド市場におけるビジネスを成長させてまいります


ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。

尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

pagetop