YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

ニュースリリース

ニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

2013年6月18日 企業情報

YKK AP新テレビCM
「APW330(エーピーダブリューサンビャクサンジュウ)あなたに新しい窓を」篇と
「APW330(エーピーダブリューサンビャクサンジュウ)快適な窓辺」篇
― 女優 初音 映莉子(ハツネエリコ)さんを起用、6月21日から ―

 

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)は、省エネ性能とデザイン性を兼ね備えた樹脂窓「APW330」の新テレビCMを6月21日から全国で放送開始します。

   今回のCMは、“ 窓を考える会社YKK AP ”は常に「新しい窓」、「これからの窓」を考え続けていくというメッセージを女優の初音 映莉子さんによって発信します。フレッシュでナチュラルな印象ながら、強い意志とポリシーを感じる初音さんの眼差しが、これからの時代、新しい暮らしへの提案をします。

   住宅の省エネに配慮した住まいづくりのためには、住まいの熱の出入り口となる“窓”の役割が大切です。省エネ性能の高い樹脂窓「APW330」によって、住まいの中の光や風、熱や水をコントロールし小さなエネルギーで快適な暮らしに貢献します。

 

◆CM概要 「APW330あなたに新しい窓を」篇 (30秒)
   窓を考える会社がこれからの窓を考えてつくった樹脂窓「APW330」を、新しい暮らしを考える方に提案します。
「APW330快適な窓辺」篇 (30秒)
   気持ちのいい窓辺によって、樹脂窓「APW330」による快適な暮らしを表現しています。
◆放送 期間  6/21(金)〜 
放送局 東京キー局を中心に全国各局

※今回の新テレビCMは、YKK APのホームページからもご覧いただけます。
http://www.ykkap.co.jp/apw/apw330/sp/(2013年6月21日公開予定)

※「APW330」とは
「APW330」は、断熱性に優れた樹脂フレームとLow-E複層ガラスで構成された窓です。経済産業省告示の省エネ建材等級「窓」分野で、最高の4つ星等級の断熱性能により、冷暖房の消費エネルギーを大幅に抑えることができます。また、独自の「ガラス接着技術」と「樹脂溶着技術」によりスリムなフレームとフラットなコーナーを実現、シンプルで洗練されたデザインと十分なバリエーションで、多様なスタイルの住宅外観に調和します。


ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。

尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

pagetop