YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

ニュースリリース

ニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

2013年12月19日 企業情報

YKK台湾社AP事業部
2年連続第1位「理想の好宅(ハオザイ)に採用したい建材・設備メーカー」門窓部門

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)は、台湾で展開するAP事業において社団法人台湾建築美学文化経済協会より『理想の好宅(住まい)に採用したい建材・設備メーカー大調査 門窓部門』で、昨年に引き続き2年連続で第1位に選定されましたのでお知らせします。

   社団法人台湾建築美学文化経済協会は、美しい建築環境の発展を目的とした協会です。この調査は、台湾内外の建材・設備メーカーの更なる品質向上の促進とエンドユーザーやお施主様への提言を目的として行った調査です。
   台湾の建築士に対してアンケート調査を行い、理想の住まい「好宅」に採用したい建材・設備メーカーを選出しました。今回の調査では、ブランドに加え、採用する理由についてもアンケートを行っています。YKK APは、品質や技術力などが高く評価されました。

   YKK APは、1989年に台湾で事業を開始して以来、台湾の気象条件に合わせた高水密サッシ・カーテンウォールを製造し、近年では高級集合住宅市場において高い評価をいただいております。これからもより一層お客様の要望に応える商品とサービスの提供に努めてまいります。
 

主催 :社団法人台湾建築美学文化経済協会
部門 :「理想の好宅に採用したい建材・設備メーカー」門窓部門
発表 :2013年11月15日

 

<調査概要>
・調査機関 : 国立政治大学商学院 世論・市場調査研究センター
・調査時期 : 2013年8月7日〜9月13日
・調査対象 : 台湾で建築業に従事する建築士および従業員
・調査項目 :
      @アルミサッシ、浴室、エレベータ、冷房設備等の建材・設備について台湾の建築士が、理想の住まいに採用したいメーカーを選択し回答
      A理想とする建材・設備メーカーについて、選択理由を回答
・調査方法 : 2,688名の建築士に対し、電話によるアンケート
・調査方法 : 有効回答、合計510票


ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。

尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

pagetop