YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

ニュースリリース

ニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

2014年1月16日 商品情報

カーテンウォールの基幹商品で可動窓をスリム化
「EXIMA91c(エクシマキュウイチシー) 可動窓スリムタイプ」発売

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)は、ビル用カーテンウォールの基幹商品「EXIMA91c(エクシマキュウイチシー) 可動窓スリムタイプ」を追加発売します。
   近年、ガラスカーテンウォールのファサードはよりスリムでシャープな意匠が求められています。「EXIMA91c可動窓スリムタイプ」はフレームを四周25mmにスリム化し更なる意匠性の向上を図りました。「EXIMA91c」のスリムなFIX窓と組み合わせることで透明感と開放感あふれるファサードを演出します。
   「EXIMA91c」は、ビル用カーテンウォールの基幹商品として2012年6月に販売開始しました。断熱効果の高い中間空気層12mmの複層ガラスへの対応と、独自構造でフレーム(方立・無目)を覆う断熱カバーにより開口部の断熱化を図り、従来課題とされていたビル建築の省エネ配慮に貢献しご好評を頂いています。
   今回の発売により、幅広い用途のビル建築に対応するビル用カーテンウォール基幹商品「EXIMA91c」の対応範囲が更に拡大し、2014年度は前年比128%の受注を目指し、断熱化とスリム化を両立した商品提案を更に強化します。

商品特長
●透明感・開放感の演出 <スリムな可動窓フレーム> 
   可動窓の障子フレーム(外観見付寸法)を一般タイプの52〜70mmから四周25mmにスリム化し、透明感と開放感あふれるファサードを構成します。
●バランスのとれたファサード <可動窓の見付寸法を統一> 
   可動窓の見付寸法を統一することで、非常用進入口や排煙窓など異なる窓種を組み合わせた場合も外観・内観ともに統一感がありすっきりとしたデザインを実現します。
●省エネへの配慮と快適な室内環境の実現 <断熱カバーによる更なる断熱性向上>
   フレーム(方立・無目)に熱伝導率の低い樹脂製の断熱スペーサーをはさみ、アルミ製の断熱カバーで覆うことで断熱構造を構成し、中間空気層12oの複層ガラスとの組み合わせにより断熱性能H−3等級相当を確保します。大開口の窓周りの熱負荷を軽減し、快適な室内環境をつくりだします。
●安全性と機能性の両立
<自動復帰機能付セーフティーストッパーの標準設定>
  
たてすべり出し窓には、開口を制限するセーフティストッパーを標準設定しています。窓を閉めると自動で半開状態となる自動復帰機能の搭載により、オフィスビルやホテルなど不特定多数が利用する窓においても安心・安全な操作で換気が可能です。
<たてすべり出し窓【換気付非常用進入口仕様】>
   室内側での安全な換気と、非常用進入口の両立を実現しました。
開口を制限するセーフティストッパーにより安全に配慮した換気ができます。万が一の火災時(消防隊進入時)には室外側の外部ハンドルを操作し全開にすることが可能です。
*換気付非常用進入口仕様は、特許を取得しています。
●豊富な機能とバリエーション
   ビル用カーテンウォール基幹商品「EXIMA91c」の豊富なバリエーションと機能性の高い部品設定で幅広い建築デザインに対応します。
商品名 「EXIMA91c 可動窓スリムタイプ」
窓種バリエーション 外倒し窓【排煙窓・隠ぺいオペレーター仕様】、突出し窓【排煙窓・隠ぺいオペレーター仕様】、たてすべり出し窓、たてすべり出し窓【非常用進入口仕様】、たてすべり出し窓【換気付非常用進入口仕様】
基本性能 耐風圧性:2400Pa、気密性:2m3/h・m2[10Pa]、水密性:1000Pa
層間変位追従性:1/100破壊・脱落がないこと、1/300カーテンウォール構成材に何ら損傷のないこと
基本仕様 ガラス溝幅:23・35mm
発売地域 全国
発売日 2014年1月17日
2014年度目標受注金額 12億円
(カーテンウォール製品本体のみ、付属部材・施工費等を除く) 
※「EXIMA91c」全体での金額となります。


ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。

尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

pagetop