YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

ニュースリリース

ニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

2014年4月11日 商品情報

業界初の「後付けビジネス提案」エクステリア新商品
「機能商品ラクラク後付け 多機能水切・多機能幕板」発売
〜 近年拡大するリフォーム市場向けビジネス提案 〜

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)は、将来のリフォームを見据えた業界初の「後付けビジネス提案」として、バルコニー下やテラス空間を有効に活用するための先付け金物「機能商品ラクラク後付け 多機能水切・多機能幕板」を2014年7月1日より発売し、近年拡大しているリフォーム市場に向けた商品提案を強化します。

   戸建住宅の施主様がリフォームを希望される主な理由として、新築時に思ったような家が建てられなかったという不満や、家族構成の変化、隣家の建て替えといった敷地周辺の変化が挙げられます。しかしリフォームを行う場合、使用されている外装材によっては  施工に必要なビス打ちができず、また無理にビス打ちを行えば新築住宅に対する保証が効かなくなるなどの障壁がありました。今回新発売する「機能商品ラクラク後付け 多機能水切・多機能幕板」は、新築時に予め取り付けておくことでリフォーム時にビス打ちをせずに後付機能商品を設置することができます。家の外装材を傷つけることなくバルコニー下やテラス、窓まわりの空間を有効に活用できる商品です。またビルダー様にとっては、後々のリフォームを見据えたビジネスにも貢献します。

   YKK APはこれまでも、2010年4月から建材流通店と共同で窓リフォーム専門店「MADOショップ」の全国展開や、2014年4月からは「リフォーム事業部」を新設するなど、リフォーム分野の強化を進めてきました。今後もYKK APはリフォーム市場への提案を積極的に行っていきます。
 

[ 商品仕様・概要 ]
■ラクラク施工
 

「多機能水切」は下面に、「多機能幕板」は正面に蟻溝がありますので、後付け機能商品取り付けの際はボルトと裏板で固定するだけのラクラク施工が可能です。また外壁を傷つけないため、外した後も跡が残りません。

■バリエーション豊富な後付け可能エクステリア商品
  フック、アウターシェード、スクリーン、コンバイザー(「多機能幕板」のみ対応)、ヴェクター、アウタールーフといったバリエーション豊富なエクステリア商品を後付けできます。

 

商品概要
商品名 「機能商品ラクラク後付け 多機能水切・多機能幕板」
構造

蟻溝付きアルミレール

商品バリエーション 【多機能水切】
 4m・3m・2m
  端部キャップ、直線連結キャップ、出(入)隅キャップ
【多機能幕板】
 4m・3m・2m
  端部キャップR/L
オプション 多機能水切用アタッチメント、裏板+ボルト、フック
施工対象工法 木造在来工法、2×4工法の3階部分まで
カラーバリエーション

ホワイト、ピュアシルバー、プラチナステン、ブラウン、カームブラック 計5色

納まり 将来の後付商品想定に備えて躯体補強の必要が生じる場合あり。
参考価格 多機能水切:7,500円/m
多機能幕板:7,500円/m
※消費税、搬入費、組立施工費等は含まれません。
発売地域 全国
発売日 2014年7月1日
売上目標セット数 2014年度  5,000セット(当該商品のみ。後付商品受注含めず)
2016年度  7,000セット(同上)


ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。

尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

pagetop