YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

ニュースリリース

ニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

2014年10月30日 企業情報

「使い方&お手入れガイドブック 窓・ドア編」
日本マニュアルコンテスト 2014で“マニュアル オブ ザ イヤー”を初受賞

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)は、日本マニュアルコンテスト2014(主催:一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会)において、全部門を通じて最も優れたマニュアルに贈られる「マニュアル オブ ザ イヤー」を、窓メーカーとして初めて受賞しましたのでお知らせします。

■受賞内容
受賞内容:マニュアル オブ ザ イヤー(応募作品 52点のうち、全部門から1点)
受賞作品:お施主様向け取扱説明書「 使い方&お手入れガイドブック 窓・ドア編 」


   今回受賞した、お施主様向け取扱説明書「使い方&お手入れガイドブック 窓・ドア編」は、今年8月に発表された「紙マニュアル 一般部門 部門優秀賞」ならびに、「紙マニュアル 一般部門 企画賞」も受賞しています。マニュアル オブ ザ イヤーは、10月16日に京都で開催された最終プレゼンテーション(公開審査)を経て、受賞が決定しました。

   受賞作では、商品の検証とリスク評価を行い、使用者に伝える内容を整理。「使い方」と「手入れの方法」だけでなく、「安全上の注意事項」についても統一したスタイルを貫き、必要なときに、必要な情報にアクセスできるように、商品の見分け方を“章”として設け、「使い方」「調整・お手入れ」に誘導するなど工夫。また、文字中心から図解中心の構成にしていることが評価されました。

   マニュアルの制作技術と品質向上を目指す目的でつくられた同賞の受賞は、YKK APとして初めてのこととなります。YKK APでは今後もさらなる検証を行い、より使いやすいマニュアルづくりに努めてまいります。
 

【 受賞作品:「 使い方&お手入れガイドブック 窓・ドア編 」 】

 
ページ構成  :292ページ、2色刷り、A5サイズ
制作者        :YKK AP開発本部 価値検証センター生活者視点推進室
                   ※所在地 富山県黒部市荻生1(黒部荻生製造所内)
発行時期    :2013年10月
 
【 選定理由 ※抜粋 】
   本マニュアルが対象とする製品は、17種類の窓、14種類の網戸、7種類のドア・引戸に及ぶ全種類について、使い方と手入れの方法を「1ページ・1項目」の統一したスタイルで、すっきりと見やすく説明している。さらに特筆すべきは、安全上の注意事項についても、「1ページ・1項目」が貫かれている点である。
   操作の各手順においては、文による説明と視覚情報を併用している。提示される視覚情報は写真とイラストが適切に使い分けられ、必要に応じて図解表現や文字なども挿入されて、動作や操作方法を説明している。このような徹底した説明スタイルが、高く評価された点である。また、保守点検のポイントと部位・経年別にまとめた図も、安全使用の確保という点から最終審査において評価された。
   商品の特性上、通常は、メーカー(マニュアル制作サイド)の方々がユーザー(施主)と直に接することがないとのこと。「安全に、適切に」窓・ドアを使い続けてほしいというメーカーの方々の思いが高い水準で具体化されたマニュアルだといえる。
 
【 「使い方&お手入れガイドブック 窓・ドア編」の特徴 】
< 特徴 >
   多くの窓やドアの取扱説明をまとめた、住戸毎に配布されるマニュアルです。
< 窓・ドア編 制作にあたっての取り組み >
◆ 生活者の視点で検証、伝達内容を精査し、わかりやすい内容をこころがけました。
◆ ユーザーに伝えること、伝えないことを仕分け、注意や知識が必要なものはサービスで対応し、安全に実施できるもののみの操作手順をマニュアルに記載しました。
◆ 説明書の読み方、商品の見分け方を明確に記載することにより、必要な情報に正確にアクセスできるように配慮いたしました。
◆ 図解を大きく取り入れ1頁1項目とすることで、直感的に理解でき、簡単に、正しく、安全に実践できるよう配慮いたしました。
 
【 日本マニュアルコンテストとは 】
   一般財団法人 テクニカルコミュニケーター協会(以下、TC協会)が「日本マニュアルコンテスト憲章」に則って主催する、マニュアル製品評価の日本唯一のコンテストです。
   制作者およびユーザーともに、審査結果に納得できる信頼性の高い実績を積み上げたコンテストを目指し、コンテストを通じて、マニュアル全体の品質向上の活性化を意図しています。
   審査は「日本マニュアルコンテスト憲章」に則って行われ、TC協会によるマニュアル評価講習を受けた審査員による1次審査、コンテスト実行委員会による2次審査、有識者による最終審査を経て決定します。

詳細は「日本マニュアルコンテスト」のウェブサイトでご覧いただけます。
http://www.jtca.org/tc_award/
 
【 日本マニュアルコンテスト憲章について 】
「日本マニュアルコンテスト憲章」のウェブサイトでご覧いただけます。
http://www.jtca.org/tc_award/kenshou.html
 
【 JMA(Japan Manual Award)ロゴについて 】
   日本マニュアルコンテスト入賞した本作には、ロゴの使用権が付与されます。
   該当製品のカタログやウェブサイトなどメディアを問わずに表示できるため、「使い方がわかりやすい!」とお客様に掲示するとともに、更なる改善に取り組んでいきます。


ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。

尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。