YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

ニュースリリース

ニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

2015年4月2日 企業情報

窓と有名建築を120名が全身で表現!!
「まど体操」を新入社員研修プログラムに初導入


「折戸」の開閉の動きを全身で表現
(出演:YKK AP 窓研究所 社員+チームけんちく体操+プロダンサー)

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)は、自社の戦略製品である窓に対する愛着と関心の向上を目的に、窓研究所(所長:専門役員 山本 絹子)とチームけんちく体操とのコラボレーションで開発した「まど体操」を、2015年4月14日にYKK AP黒部製造所(所在地:富山県黒部市)にて実施される新入社員研修プログラムとして、今年度初めて採用します。2015年度の全国採用の新入社員120名が一丸となり、自社の戦略製品である窓や、窓が特徴的な有名建築などを、カラダを使い全身で表現します。

   「まど体操」は、米山勇氏(東京都江戸東京博物館研究員)を中心とするチームけんちく体操と、窓に特化した独自の研究活動“窓学”に取り組むYKK AP株式会社 窓研究所とのコラボレーションによって生まれたプログラムです。窓に対する愛着と関心を高めることを目的に開発され、チームに分かれて窓そのものの形状や、開閉動作の違いなどを、全身を使って楽しく表現します。

   自社の戦略製品の窓に関する座学は、これまでも研修にて実施してまいりました。しかし、より身近に窓を意識するきっかけを作りたいという思いから、本研修プログラムを初めて採用しました。会場となる体育館では、ステージ上の大型スクリーンにお題となる窓や建築の写真を投影し、新入社員が数名〜数十名のチームを組み、窓の細かなディテールや動きなどに注目しながら、それぞれが個性豊かに全身を使って表現します。「窓を考える会社YKK AP」ならではの導入教育として、チームで考え、行動し、その評価を次に生かす一連の体験が可能になります。

 
 <ご参考>
※チームけんちく体操
米山勇 [よねやま いさむ]
   /建築史家・東京都江戸東京博物館研究員
高橋英久 [たかはし ひでひさ]
   /東京都歴史文化財団学芸員
田中元子 [たなか もとこ]
   /ライター・クリエイティブファシリテーター
大西正紀 [おおにし まさき]
   /編集者・建築家

けんちく体操ホームページ
http://kenchiku-taiso.com/index.html
開発にご協力いただいた「チームけんちく体操」は、建物の形を身体だけを使って表現するワークショップ形式の教育プログラムであり、その教育的貢献により、2013年には日本建築学会教育賞を受賞。その活動は建築分野でも高く評価され、国内外を問わず注目を集めています。


 ※「窓学」とは
YKK APは「窓は文明であり、文化である」という思想のもと、窓に特化した独自の研究活動「窓学」に取り組んでいます。2007年からスタートしたこの活動をさらに推進する目的で、2013年には「窓研究所」を設立。窓文化創造に向けて、窓の専門知識を収集・保存し、その魅力や新しい可能性を社会へと発信・提言しています。

YKK AP窓研究所ホームページ: http://www.madoken.jp
 


ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。

尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。

pagetop