YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

ニュースリリース

2016年5月12日企業情報

「YKK APアメリカ社25周年」式典を開催
-海外AP事業の中核拠点-



YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)の現地法人であるYKK APアメリカ社は、現地5月11日、ジョージア州のダブリン工場で25周年記念式典を開催しました。

YKK APアメリカ社は、1991年に設立され、翌年アルミ建材の一貫生産工場としてダブリン工場が設立されました。2007年には住宅用樹脂窓の本格販売を開始。YKK APの海外事業中核拠点として、ビル用アルミ建材、住宅用樹脂窓等を販売しています。

今回、25周年の節目を迎え開催した記念式典には、ダブリン市長など地域コミュニティ関係者、在アトランタ日本国総領事、YKKグループ関係者など約70名が出席しました。

式典では、ダブリン商工会議所からYKK APアメリカ社の25年間の地域貢献活動を記した記念プレートの贈呈や、ダブリン工場内での記念植樹が行われました。


<YKK APアメリカ社 概要>

会社名 YKK APアメリカ社
所在地

<本社>
ジョージア州アトランタ

<工場>
ジョージア州ダブリン、メーコン、テキサス

<支店>
アトランタ、オーランド、ボルチモア、グリーンズボロ、シンシナティ、ダラス、ボストン、シカゴ、ヒューストン

設立 1991年4月24日
社長 Oliver Stepe(オリバー・ステピ)
従業員数 694名(2015年度末)
売上高 約220億円(2015年度実績)
販売品目 店舗用・集合住宅用・商業ビル用アルミ建材、カーテンウォール商品、住宅用樹脂窓

以上


ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。

尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。


※ここに掲載のニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

pagetop