YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

ニュースリリース

2018年9月10日企業情報

TOTO・DAIKEN・YKK AP 共同リリース
TDY3社の高齢者配慮商品・福祉機器を紹介
「第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018」に出展
2018年10月10日(水)~12日(金)開催

TOTO、DAIKEN、YKK AP(以下 TDY)の3社は、10月10日(水)~12日(金)に東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催される、アジア最大級の総合福祉機器展「第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018」に出展します。

今回は、出展コンセプトに“つなぐ、素(そ)のままのくらし”を掲げ、「高齢者や障がい者」と「サポートする人」が共に自分らしく、ありのままに暮らしていける空間をTDY社一体となってご提案します。

日本の高齢化は世界でも類を見ないスピードで進み、昨今では高齢化を支える介護人材の不足が社会問題となっています。介護に関わるすべての人にとって不自由なことがなく、安心・安全で快適な生活を送ることができる環境づくりが課題です。それぞれの思い描く明るい将来、豊かな暮らしのイメージにつながるよう、 “誰もが年齢やライフスタイルに関わらず自分らしく快適に暮らすことができる空間”また“サポートする人が自分らしく、気持ちよく働くことができる空間” をTDYは提案します。

ブース内は「高齢者住宅・高齢者施設の共用部・居室部コーナー」を中心に空間展示を行い、「福祉機器・手すり展示コーナー」、「住宅リモデルコーナー」なども併せて設けました。

TDYは、今後も一人でも多くの方がより使いやすいと感じるユニバーサルデザインの商品開発を進めることで、皆様に快適な暮らしを提案していきます。

<TOTO・DAIKEN・YKK APブースイメージ>(パースイメージ)

第45回 国際福祉機器展 H.C.R.2018 概要

■日程:2018年10月10日(水)~10月12日(金)
■開催時間:10:00~17:30 ※12日のみ16:00まで
■開催場所:東京ビッグサイト 東展示ホール ※TOTO・DAIKEN・YKK APブース:(東4-05-10)
■出展社数:約550社(見込み)
■来場者数:約12万人(見込み)
■入場料:無料
■主催:全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会
■公式Webサイト:https://www.hcr.or.jp/

主な展示概要

空間展示

・高齢者住宅・高齢者施設の共用部コーナー

■入居者・来館者のためのトイレ・浴室・エントランス空間
限られたスペースの中で車いす配慮、オストメイト配慮、そして乳幼児連れにも配慮したトイレを設置。介助のしやすさと安全性に配慮した浴室や、エントランス空間を美しく演出するシンプルデザインの洗面カウンターをご紹介します。
コンパクト多機能トイレパック
(TOTO)
■スタッフのシャワールーム
宿直や仕事の後に汗をサッと流してリフレッシュできるシャワールームや、デザイン性と清掃性に優れた継ぎ目のない一体形状の洗面カウンターを設置することでスタッフが気持ちよく働ける空間を提案します。
■憩いのくつろぎリビング
入居者・来館者が集うリビングは、凹凸のあるリアルな陰影の不燃壁材で、個性的で上品な空間を演出します。大開口窓で明るく、室外と一体に感じる空間とし、転倒衝撃を和らげるフローリングと室外のデッキをフラットにつなげ、スムーズな動線と開放感のある空間を確保しました。

(主な展示商品)
TOTO ・・・「コンパクト多機能トイレパック」
DAIKEN・・・「グラビオエッジ」「コミュニケーションタフ ケア」「おもいやり収納 共用下駄箱」「受付窓」 
YKK AP・・・「EXIMA31(引違い窓3枚建 フラット下枠仕様)」「リウッドデッキ 200」

・高齢者住宅・高齢者施設の居室部コーナー

■介護を重視したトイレ空間
高齢者施設のお困りごとである便器の詰まりにも対応でき、介助がしやすいローシルエット便器のほか、車いすでしっかり近づける洗面や引いて開く新発想のドアなど、介助する人にもされる人にも優しい商品を展示しています。
ひきドア(DAIKEN)
■快適さや清掃性に配慮した浴室・洗面空間
人間工学をもとに入浴姿勢を考えたファーストクラス浴槽を展示。スイッチひとつで浴室の床の洗浄・除菌を行います。フローティングデザインの洗面台と最高級トイレも併せ、高級感のある空間をお楽しみください。洗面所の入り口は左右どちらにでも開閉でき、状況に応じて柔軟にご使用いただける3枚連動のドアを設置しています。
■寝室でのトイレ配慮(居室・ベッドまわりの空間)
ベッド横に設置でき、移動しやすくコンパクトなトイレを昨年に引き続き展示。気になる臭い対策としては、調湿・消臭機能のある天井材・壁材を使用しています。住宅の暑さ寒さの出入り口となる窓は、断熱性が高く、ヒートショック対策にもつながる樹脂窓に取り変えました。

(主な展示商品)
TOTO ・・・「シンラDタイプ」「パブリックコンパクト便器・フラッシュタンク式」「ベッドサイド水洗トイレ」
DAIKEN・・・「ひきドア」「おもいやりドア3枚連動吊戸」「メディカルトーン」「さらりあ~と シンプルクリーン」
YKK AP・・・「かんたんマドリモ 樹脂窓」

その他商品展示

・福祉機器・手すり展示コーナー

便座が電動で昇降する昇降便座やお使いの浴槽に置くだけの入浴支援機器で立ち座り動作をサポート。また、廊下や階段のつたい歩きに便利な手すりをご紹介します。

・住宅リモデルコーナー

開きドアから、開閉スペースが小さく、車いすでもラクに出入りができる玄関引戸に変える「アウトセット玄関引戸」などを展示します。また、お客様のリフォームの不安を「みえる・わかる」で解決するTOTOの「あんしんリモデル」の取組みについてもご紹介します。

(主な展示商品) 
TOTO ・・・「トイレリフト」「バスリフト」「フリースタイル手すり」
YKK AP・・・「かんたんドアリモ アウトセット玄関引戸」
ドアリモアウトセット玄関引戸
(YKK AP)

出展社プレゼンテーションについて

日程 10月12日(金)
時間 10:30~11:30
会場 東1ホール1階 出展社プレゼンテーション会場1A
内容 『高齢者向け水まわり空間の安心・安全配慮の取り組み』
高齢者の水まわりでの動作についてTOTOと共同研究を行っている、東北大学病院 理学療法士の先生方より、リハビリテーションの視点から求められる配慮に関してご紹介します。
費用 無料
備考 下記URLより事前申し込みも受け付けております。
http://www.com-et.com/jp/ttc_event-seminar/

※こちらのプレゼンテーションは、TOTO株式会社のみのプレゼンテーションです。

《参考》 東北大学との共同研究概要 

TOTOは、東北大学との共同研究を行い、手すりや棚が立ち上がり動作に及ぼす影響を調査しました。
調査の結果、「縦手すり」と「棚」が立ち上がりに必要な前方向と上方向にそれぞれ補助することが明らかになりました。
使いやすく、快適なトイレ空間とするためには、縦手すりと棚を組み合わせることがおすすめです。

<TOTO Webサイトについて>

ユニバーサルデザインの取り組みをより分かりやすくお伝えするため、TOTO Webサイト内「UDstyle」で、ご家族がそれぞれ安心してお使いいただける商品と快適な暮らしのスタイルをご提案しています。国際福祉機器展で展示される商品の動画や、デザイナー・開発者などへのインタビューを本サイトでご覧いただけます。

【UDstyle】
URL: https://jp.toto.com/ud/index.htm(H.C.R.コンテンツにつきましても9月10日15時から公開)

ニュースリリースに関するお問い合せは、こちら よりお願いいたします。

尚、YKK APウェブサイトの無断転用・転記はご遠慮いただいております。


※ここに掲載のニュースリリースは報道発表時点の情報です。
ご覧になった時点で販売が終了している場合や価格・仕様が変更になっている場合がありますので、予めご了承ください。

pagetop