窓の断熱性は、[枠、障子、ガラス]の素材で大きく変わります。一般的な窓はアルミ製でできていますが、高い断熱性や結露を防ぎやすく方法として、アルミよりも熱を伝えにくい樹脂や、天然木を使った窓などがあり、用途に合わせた窓えらびが可能です。

枠と障子の素材について

窓の素材えらびは、お住まいの地域や、窓を設置する場所によっても
必要な性能などが変わってくるので、その点も考慮してえらぶようにしましょう。

断熱性 高

アルミ/天然木

室外側はアルミ、室内側に独特の美しさと高い断熱性を発揮する天然木を使用した窓です。

断熱性 高

樹脂

障子・枠ともに熱伝導率の低い樹脂を採用。断熱性に優れ、結露が発生しにくいというメリットがあります。

断熱性 高

アルミ/樹脂(複合窓)

障子・枠ともに室外側はアルミ、室内側に樹脂を組合せた複合窓です。樹脂が高い断熱性を発揮し、結露を防ぎます。

断熱性 標

アルミ(一部樹脂)

障子・枠ともにアルミ製の窓です。枠の一部に熱伝導を遮断する樹脂を採用することで、断熱性能を高めています。

断熱性 標

アルミ

スタンダードなアルミ製の窓です。枠の一部に樹脂を採用し、結露の発生を抑えます。