YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

読んでわかる!あなたにぴったりのカーポート 読んでわかる!あなたにぴったりのカーポート

あなたにぴったりのカーポートを選ぶための、おすすめステップはこちら。

STEP1
あなたの住環境にマッチしたカーポートの基本性能を把握する
STEP2
あなたが求める性能の屋根材とお好みのデザインを選ぶ

STEP1STEP1あなたの住環境にマッチしたカーポートの基本性能を把握する

カーポートには、以下の基本性能があります。

耐風圧強度

カーポートには「屋根に対して下から吹き上げてくる風にどれだけ耐えられるか」という基準が設定されています。

耐風圧強度は最大風速で設定されています。
参考データとして、下記の地域を除いた他の地域では、ほぼ耐風圧強度 38m/sのカーポートで適合するようです。これは気象庁で「強い台風」と分類される台風までは耐えられるとしています。

・千葉県、徳島県、高知県、鹿児島県、のそれぞれ一部
・伊豆諸島、小笠原諸島、南西諸島

ただし、お住まいの地域の周辺状況によってはそれ以上の耐風圧強度のカーポートが必要な可能性もあります。詳しくは施工会社にお問い合わせください。

※耐風圧強度の数値は基準値であり、保証値ではありません。

耐積雪性能

屋根にかかる負荷(荷重)に対してどの程度耐えることができるかというものです。
これは積雪量を基準に設定されていますが、積雪の状態は刻一刻と変化し、多くの場合は水分を含んだり自重で圧縮されたりして、どんどん重くなっていきます。
その為、ここで言う耐積雪性能の基準は、上記のように重くなる前の「新雪」の積雪荷重が基準となっています。

一般的なカーポートで20cmの積雪まで耐えられる設計になっていますが、日本海側などの雪の多い地域には最大200cmの積雪まで耐えられるものもご用意しています。必要な強度を満たしたカーポートを選びましょう。

※耐積雪性能の数値は目安です。早めの雪下ろしをおすすめします。

支持方式

カーポートの柱の支え方です。大きく分けて以下のものがあります。

片側支持方式

  • ・片側にしか柱がないので駐車しやすい。
  • ・比較的駐車スペースの広さや位置を気にせず設置しやすい。
  • ・「Y合掌タイプ」「M合掌タイプ」などの連結が可能。

両側支持方式

  • ・比較的強風によるブレや積雪による歪みに強く安定感がある。
  • ・複数台の車を止められる間口の広いカーポートを作れる。

後方支持方式

  • ・出入り口に柱がないので非常に駐車しやすい。
  • ・駐車スペースの有効活用がしやすい。
  • ・両側支持方式と比べると駐車スペースの広さや場所を気にせず設置することができる。

STEP2へ STEP2へ

pagetop