YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

ウインドウシャッター

防犯2階の窓にもシャッターを。

住宅への侵入盗の経路の、ほとんどは窓から。防犯対策として1階だけにシャッターをつけるケースも見られますが、実は侵入盗から見れば2階へあがる足場は無数にあります。2階の窓にもシャッターをつけると安心です。

防災大切なのは窓を割らないこと。

大型化する台風。近年増加傾向にある竜巻や突風。飛来物によって窓ガラスが割れてしまうことで暴風が室内へ一気に流れ込み、家の屋根が吹き上がってしまうという被害も報告されています。家全体の窓にシャッターを付けておくことで、窓を守ることができます。

近年増加傾向にある竜巻発生

グラフ)竜巻発生件数

気象庁「竜巻の年別発生件数」より

窓から大被害につながることも

図)1.飛来物が窓に直撃 2.窓ガラスが割れる 3.屋根が吹き上がる

耐風仕様のシャッター

シャッターがガイドレールから外れることを防ぐ「外れ止め金具」を倍に増やした耐風仕様もご用意。台風地域におすすめです。

断熱断熱効果で一年中快適な家に。

閉めたシャッターと窓の間に空気層ができることで、室内外の熱の出入りを抑えられ、住まいの断熱性をアップ。冷暖房の効きがよくなり、冬暖かく、夏涼しい快適な暮らしにつながります。

図)断熱のしくみ
イメージ)シャッターなし

シャッターなし

イメージ)シャッターあり

シャッターあり

(例)エピソードNEOの場合の熱貫流率
(Low-E複層ガラス)
シャッターなし:2.33W/㎡・K 
シャッターあり:2.11W/㎡・K

※建具とガラスの組み合せは国立研究開発法人 建築研究所ホームページ内「平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)」の「3-2 外皮の熱損失、付録A A5 開口部の熱物性値」に基づく熱貫流率です。

防音暮らしに静けさをプラス。

シャッターを閉めることで遮音性能もアップ。外からの騒音も軽減し、人が不快に感じる2,000〜4,000Hzで約10dBダウン。同時に、室内の生活音が近隣に漏れるのも軽減します。
※ YKK AP 調べ。>解析条件

イメージ)防音

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

このウェブサイトでご覧いただく商品の色や質感は、実際とは多少異なる場合がございます。

商品一覧へ戻る


pagetop