YKK AP

生活空間から都市空間まで、
時代に応え、未来を拓くYKK AP。

menu

こだわり事例レポートいい家づくりのヒントがいっぱい

レポート13

神奈川県 Y邸

スタイリッシュな外観と、寛ぎの室内空間

写真:神奈川県 Y邸

洗練された外観が住宅街の中でひときわ存在感を放つY邸。その印象的なファサードにより豊かな表情を与えているのが『ウインスター』だ。「外壁の目地をヒントに外観のデザインモチーフをスクエアと決め、窓もスクエアの小窓を組み合わせました」とご主人。「これらの窓はランダムに配されているかのようで、実は窓の高さや間隔を揃えるなどの細かな設計がなされているのもポイントです」。
黒の外壁という大きなキャンバスに窓を「デザインする」ことで、一層の個性を表現している。(写真1)

写真1

印象的な黒のファサード。

エントランス

スクエアモチーフを巧みに採り入れる

玄関ドア『レガーロ』は、Y邸のテーマカラーである「グリーン」と、デザインモチーフである「スクエア」を巧みに採り入れたデザイン。 外観のアクセントとしてはもちろん、これから訪れる室内空間への期待感を高める演出効果も果たしている。(写真2)

写真2

鮮やかなビタミンカラーとメタリックな
素材感がスタイリッシュな印象。

リビング

光と風が行き渡る空間

2階LDKでは「明るさ」と「開放感」を重視した設計が行われた。その実現の要となっているのが、『ワイドスライディング』と『APW500』。「バルコニー側に採用されたワイドスライディングは室内にたっぷりの光と風を採り込み、外に広がるベランダとの一体感も大きいのが魅力です」とご主人。LDKにいながらバルコニーで遊ぶお子様の姿を見守ることができる。ここには『ウェルシー』も採用され、防犯性も高めている。 (写真3・4)
APW500』を選ばれたのは奥様。「デザイン性が高い窓というのが採用の決め手。窓の両側が開閉するので風も採り入れやすいですね」。さらに、リビングインの階段吹き抜けにも上下2カ所に窓を配置。「LDと吹き抜け、3階の窓を開けると、上下階に気持ちのいい風が通り抜けていくのがわかります」と奥様。窓にこだわった設計で、「家じゅうに光と風が行き渡る住まい」を実現している。(写真5・6)

写真3

大開口の窓が心地よい風と光を届ける。

写真4

窓を大きく開放すると
室内と戸外との一体感を高まる。

写真5

白を基調にしたシンプルなインテリアに
デザイン性豊かな窓が映えるLDK。

写真6

窓の開閉で通風を調整できる点も
大きな魅力。

居室

2つの窓が個性的なデザインを演出

3階洋室には、採光性と通風性だけでなく、デザインにもこだわりたかったというご主人。大きさが違う2つの窓。『ウインスター』はプライバシーに配慮し、両袖片引き窓は景色を楽しむ窓として、デザインされている。外観ファサードのアクセントとしても効果を発揮している。(写真7)

写真7

外からの視線も気にせず光と風を楽しめ
北側でも朝から明るく快適。

採 用 場 所 採 用 商 品
   
エントランス レガーロ
エントランス ヴェナート
リビング ワイドスライディング
リビング APW500(Type-C)
階段 ウインスター(スクエアFIX)
居室 ウインスター(横スリットFIX)

pagetop