そもそも…結露ってなあに? そもそも…結露ってなあに?

空気中にはもともと「水」が含まれています。

「結露」とは、暖かく湿った空気が冷やされ、空気中の水蒸気が水滴になってしまうことです。よく冷たい水を注ぐとコップの外側が曇って水滴が付きますが、これも結露の一例です。 同じように、外の気温が低いのに、暖房によって室内だけが暖かく湿度が高いと、冷たい外気に影響されやすい壁や窓の内側に水滴がびっしり付いてしまいます。

結露

結露はいろんなところに

よく冷えたビールびんに水滴が…
冷え込んだ朝、窓に水滴がいっぱい…
お風呂の天井からしずくが…
湿気でメガネのレンズが曇る…
水道の蛇口に水滴が…

特に結露しやすいのが窓

空気中には、水分が“水蒸気”の形で必ず含まれています。この水蒸気、暖かい時は気体ですが、冷えると液体の水に変わる性質があります。たとえば、外気で冷やされた窓の表面に触れると、水蒸気が水に変わります。これが結露です。窓が結露しやすいのは、家の中でも特に冷たくなりやすい箇所だからなのです。

❶室内で水蒸気が発生 ❷外の冷たい空気が窓の表面温度を下げる ❸水蒸気を含んだ室内の空気が窓にふれることで結露が発生

気をつけないと怖い結露 気をつけないと怖い結露

結露をそのままにしておくと、シミやカビ・ダニの発生の原因にもなってしまいます。

結露のお悩み 結露のお悩み

人体にも影響が

ダニやカビは湿度70%ぐらい(※1)から盛んに繁殖します。つまり、室内に結露を発生させないように適度な湿度の条件をつくることが、ダニやカビの発生を抑えることにつながるのです。ダニやカビは、ぜんそくやアトピーなどによって健康を脅かす原因にもなりかねません。普段の生活の中で十分に気をつけたいものです。
※1「ASHRAE(アメリカ暖房冷凍空調学会)1985年報告より」

住まいの寿命も縮めてしまう!?

結露が進むと、住まいに使われている建築材料が腐ってしまうことも。悪影響が大きくならないうちに、しっかりと対策を講じておきましょう。

結露が発生→●カビが発生 ●カビを食べるダニが発生→●カビの胞子を吸い込む ●ダニのふんを吸い込む ●アレルギーの原因にもなる →健康に悪影響

暮らし方でできる結露対策 暮らし方でできる結露対策

結露を抑えるためには、
室内の水蒸気をできるだけ抑えるような、
日々の暮らし方も大切になってきます。

換気がいちばんのポイント

こまめに換気をして、室内の水蒸気をできるだけ外に逃がすようにしましょう。特に冬場は室外の空気が乾燥しているので、ちょっとの換気でも効果的です。水蒸気の発生を減らすことも大切です。

結露対策ポイント 結露対策ポイント

窓の断熱化で結露すっきり 窓の断熱化で結露すっきり

外が寒くても窓が冷たくなりにくければOK。新築でもリフォームでも対策できます。

結露を抑える第一条件は、住まいを立てる際に、住まいをしっかりと断熱化すること。それによって、外の気温の影響を受けにくくし、建物の保温性を高め、結露を抑えることができるのです。中でも、窓まわりは結露が発生しやすい場所。窓を断熱化することが大きなポイントになります。

結露しにくいのは、こういう窓です

二重構造になったグラスは、普通のグラスに比べて結露が抑えられます。窓も同じ。ガラスを二重にした複層ガラスの窓にしたり、内窓を取りつけて二重窓にすることで、熱を伝えにくい空気層が生まれ、外が寒くても、室内側では結露が発生しにくくなります。またアルミサッシではなく熱を伝えにくい樹脂フレームなら、さらに結露の発生を減らせます。

結露対策

ガラスを二重構造にした樹脂窓

ガラスを二重構造にした樹脂窓

樹脂の内窓を取りつけて二重窓に

樹脂の内窓を取りつけて二重窓に

結露の発生がこんなに違います

結露の発生がこんなに違います
結露の発生がこんなに違います

冷え冷えゾーンの
解消にも
効果があります

窓を断熱化すると、結露軽減はもちろん、室内の寒い場所を減らすことにもなります。健康的な暮らしを送ることができ、冷暖房コストの節約にもなります。長い目でみても、いろいろなメリットがあるのです。

窓を断熱化の効果

結露に効く断熱窓はこちら!

樹脂窓・高性能トリプルガラス 世界トップクラスの断熱性 APW430 詳しくは
樹脂窓・Low-E複層ガラス国内最高レベルの断熱性 APW330 詳しくは
アルミ樹脂複合窓・Low-E複層ガラス優れた断熱性 APW310 詳しくは
今ある窓に取付けるだけの樹脂内窓 エコ内窓 プラマードU 詳しくは
その日のうちに最新の樹脂窓に交換 かんたんマドリモ 詳しくは
結露に悩まず、健康・家事ラク生活が一番ね!

上記は2015年10月時点の情報です。

このページをご覧の方は、こちらのページもご覧になっています

このページの先頭へ