アイデア1 大胆! 全面扉の壁面収納アイデア1 大胆! 全面扉の壁面収納

いくら片づけても雑然としてしまうリビングやキッチンには、壁一面に棚を設置した大面積の壁面収納が便利。天井までたっぷり利用して大容量が収納できます。


でも、棚が丸見えだと、細ごました生活雑貨や使いかけの食材の袋などが雑然とした印象になることが多いですし、かといって棚一つひとつに扉の付いた収納棚にすると、扉の開け閉めが意外にストレス。探している物が見つからず、扉をいくつも開けたり閉めたりしてしまう…そんなことも起こりがちです。


おすすめは、引戸タイプの動く間仕切を棚の手前に設置して、天井高の収納扉にすること。アルミフレームの間仕切なら、とても軽くて開け閉めもスムーズ。サッと大きく開いて、必要なもの物をすぐに見つけて取り出せます。樹脂パネルの面材は半透明なので、閉めていても中に入っている物が何となく見て取れるのも良いところです。引戸は、開き戸や引き出しと違って開けっ放しでも邪魔になりません。また開き戸は地震の時にバタバタと開いてしまう心配もありますが、その点でも引戸には安心感があります。

おすすめ商品

おすすめ商品

アルミインテリア建材[スクリーンパーティション]間仕切 スライディングタイプ

アルミフレームと樹脂面材を使った引戸タイプの間仕切。圧迫感を与えずに空間をやわらかく仕切ります。上吊り式なので床面にレールがなくすっきりした印象に仕上がります。

詳しくはこちら

アイデア2 間仕切1枚で簡易パントリーのできあがりアイデア2 間仕切1枚で簡易パントリーのできあがり

キッチンを上手に片づけるカギの一つは、食品、食材の収納にあります。冷蔵庫に入れる以外の食材、すなわち缶詰や乾物、レトルトといった保存食品や調味料などは、ついつい空いた棚や適当な場所に置いてしまいがち。収納を計画する時に、食器や調理器具などの収納スペースはしっかり考えていても、食材置き場のことが意外と抜け落ちているのです。家づくりの段階で、きちんとストックスペースをつくっておくと便利です。


独立した食品庫を一部屋つくらなくても、半透明スクリーンの間仕切で空間を仕切るだけでも、パントリー感覚で使える便利スペースが生まれます。別部屋ではないので動線はスムーズ。間仕切で隠れているので、来客の目も気にせず何でもしまえますし、一時的なゴミ置き場としても便利です。

おすすめ商品

おすすめ商品

アルミインテリア建材[スクリーンパーティション]間仕切 固定タイプ

天井、床に固定する間仕切。アルミフレームと半透明樹脂パネルのデザインや、たて格子のデザインから選んで設置し、空間をやわらかく仕切ることができます。

詳しくはこちら

アイデア3 トイレにも「隠す収納」+「見せる収納」をアイデア3 トイレにも「隠す収納」+「見せる収納」を

あまりスペースに余裕のないトイレですが、収納すべきものは結構多いもの。トイレットペーパーや掃除用品、生理用品など、基本的に隠して収納しておきたいものばかりです。おすすめは、壁の厚みを有効活用できるビルトインタイプの収納棚。扉を閉めれば壁とフラットになるので「隠す収納」としてはぴったりです。


また、あえて「見せる収納」にする方法も。壁に木製の棚板をつけて、好みの花や小物などと一緒に飾る感覚で収納します。タオルの色や、容器、小物の色合いを統一することがポイントです。また、トイレでゆっくり過ごしたい方なら、本棚として活用するのもいいでしょう。家族が今読んでいる本を互いに共有できる図書館のような空間にすることもできます。

おすすめ商品

おすすめ商品

木質インテリア建材[ラフォレスタ]トイレ収納 ビルトインタイプ

壁の厚みに埋め込むタイプの収納棚。限られたトイレの空間を有効活用できます。

詳しくはこちら

木質インテリア建材[ラフォレスタ]インテリアカウンター

自由な発想で取付けてディスプレイや作業のスペースをつくれるカウンター。味わい深い木質の部材でインテリアを演出します。

詳しくはこちら

アイデア4 お宅はどのカタチ? 玄関収納カスタマイズアイデア4 お宅はどのカタチ? 玄関収納カスタマイズ

玄関収納は、家族の靴や趣味の道具などを収納するとともに、来客を意識して収納棚の上に小物や花、額縁を飾るなどギャラリースペースとしての役割も持っています。おすすめは、収納内容にあわせてカスタマイズできるキャビネット組合せ式の収納システム。多彩なプランが可能ですが、大まかに5つの型に分かれます。収納量にあわせて決めるのはもちろんなのですが、どんな型を選ぶかはお好み次第。玄関をどう個性的に演出したいか、という思いにしたがって決めることが大事です。

おすすめ商品

おすすめ商品

玄関収納

3種類のキャビネットをさまざまな形状に組合せられる収納システム。収納量などに応じて多彩なプランから選べます。ミラー付や鏡面仕上げなどもご用意。

詳しくはこちら

アイデア5 土間や勝手口に「ウチソト空間」があると便利アイデア5 土間や勝手口に「ウチソト空間」があると便利

レジャー用品やアウトドア用品、スポーツ用品など、室内には上げたくないけれど、外で雨ざらしにもできない物って、ありますよね。そんな物の収納には、ウチでもない、ソトでもない、「ウチソト空間」をつくっておくと便利です。


たとえば、玄関の土間にクローゼットをつくってみてはいかがでしょう。靴はもちろん傘やレインコートなど、外で使うものをそのまま入れられるのが魅力です。半畳程度も設けられれば、ゴルフバッグや幼児の自転車くらい楽に収められます。


または、勝手口の外や車庫脇などの敷地を活かし、家の壁に屋根や囲いを設置。スキーやスノーボードなどのスポーツ用品、タイヤや工具、シャベルやホースといった園芸用品など、何でも気軽に収納できる便利空間が生まれます。独立した物置と違って家の出入口からの動線を短くできるところがポイントです。

ウチソト空間についてはこちらでもご紹介しています。

おすすめ商品

おすすめ商品

木質インテリア建材[ラフォレスタ]クローゼットドア 折戸タイプ

扉を折りたたんで両側に開くため、効率的に⼤開⼝が得られます。⼟間納まりにすれば、土汚れの気になるものも気軽に収納できます。

詳しくはこちら

ストックヤードⅡ

建物の外壁に取付けられる囲い。限られた敷地を有効利用して、アウトドア用品や自転車などを収納するスペースを確保できます。

詳しくはこちら

アウタールーフ

建物の外壁に取付けられる囲い。敷地の中の“すき間スペース”を生活に役立つプレミアム空間に変身させます。

詳しくはこちら

このページをご覧の方は、こちらのページもご覧になっています

このページの先頭へ