窓辺を、もっともっと、お気に入りの場所に。窓辺を、もっともっと、お気に入りの場所に。

みなさんは窓辺のどんな過ごし方が理想ですか?
ラグマットを敷いてゴロゴロ読書? ソファで編み物?
自然の光や風を心地よく感じながら、好きなことをして過ごしたいですよね。

でも窓辺といえば、夏は暑く、冬は寒くなりがちな場所。古くからある窓の多くは、日差しや外の気温を部屋の中に伝えやすいため、窓辺のくつろぎ空間は季節によって限定されていました。

そんな窓辺の悩みも、実は「窓」を見直すだけで一挙解決。夏の日差しや冬の寒さをやわらげてくれる性能のいい窓にすれば、窓辺を一年中快適なくつろぎ空間にすることができるのです。

夏でも、そんなに暑くない窓辺 冬でも、ひんやりしない窓辺 性能のいい窓は、窓辺を一年中快適にします!
夏暑く、冬寒い家。その原因のほとんどは窓! 夏、窓から入り込む熱の割合74% 冬、窓から逃げ出す熱の割合52% 断熱性の高い窓なら家全体が快適に!
夏でも、そんなに暑くない窓辺 冬でも、ひんやりしない窓辺 性能のいい窓は、窓辺を一年中快適にします!

窓の性能は窓辺の居心地だけでなく、家全体の居心地にも大きな関わりがあります。

なぜなら窓は、家の中で一番熱の出入りが大きい場所だから。

熱を伝えにくい窓を選ぶことは、冬には暖房のぬくもりを逃がさず、夏は熱の侵入をおさえて、いわば、家全体を保温・保冷することにつながります。

夏暑く、冬寒い家。その原因のほとんどは窓! 夏、窓から入り込む熱の割合74% 冬、窓から逃げ出す熱の割合52% 断熱性の高い窓なら家全体が快適に!

※熱の流入出の数値はYKK AP算出です。夏:外気温33.4℃/室温27℃の場合 冬:外気温0.5℃/室温20℃の場合

おすすめは、魔法瓶そっくりの「Low-E複層ガラス」。おすすめは、魔法瓶そっくりの「Low-E複層ガラス」。

熱を伝えにくい高性能な窓の条件は2つあります。
ひとつめは、「フレーム」の断熱性が高いこと。アルミの1000倍も熱を伝えにくい樹脂製のフレームがおすすめです。
ふたつめが「ガラス」の断熱性です。ガラスが1枚だけの「単板ガラス」では断熱性が低く外の暑さ寒さの影響を受けやすいため、ガラスを2枚にした「複層ガラス」を選びましょう。

「Low-E複層ガラス」は、魔法瓶そっくりの保温・保冷構造。
窓の性能を決めるのは、「フレーム」と「ガラス」。 [フレーム]樹脂製など断熱性の高いフレームがおすすめ [ガラス]ガラス2枚を使用した複層ガラスやLow-E複層ガラスがおすすめ
窓の性能を決めるのは、「フレーム」と「ガラス」。 [フレーム]樹脂製など断熱性の高いフレームがおすすめ [ガラス]ガラス2枚を使用した複層ガラスやLow-E複層ガラスがおすすめ

おすすめは、複層ガラスの内側に熱の伝わりを抑える「Low-E(低放射)金属膜」をコーティングした「Low-E複層ガラス」です。「2枚のガラス」と「金属膜」、何かに似ていると思いませんか? そうです、「Low-E複層ガラス」は魔法瓶と似た構造を持っているのです。

「Low-E複層ガラス」は、魔法瓶そっくりの保温・保冷構造。
ガラスはどんどん進化しています! 単板ガラス→断熱効果約2倍 複層ガラス→断熱効果約2倍 Low-E複層ガラスガラスはどんどん進化しています! 単板ガラス→断熱効果約2倍 複層ガラス→断熱効果約2倍 Low-E複層ガラス

「断熱」「遮熱」2タイプのLow-E複層ガラスを使い分け。「断熱」「遮熱」2タイプのLow-E複層ガラスを使い分け。

「Low-E複層ガラス」には、窓の位置や周囲の状況、その土地の気候に対応できるよう、2つのタイプがあります。

「断熱タイプ」は、しっかり断熱しながらも太陽の暖かさを取り込んで室内を暖かく保ちます。「遮熱タイプ」は、断熱はもちろんのこと、明るさを取り込みながらもガラスに当たる日射熱を遮り、室内を涼しく保ってくれます。

日の当たりにくい窓や寒冷地には断熱タイプ 日差しをほどよく取り入れる 冷気や暖気を逃しにくい
夏の日差しや西日の気になる窓は遮熱タイプ 強い日差しをカットする 冷気や暖気を逃しにくい

上手な使い分けのポイント

南向きの窓は断熱を重視

夏の昼間の太陽は高度が高いため、軒やひさしをつけることで直射日光の多くは防げます。「断熱タイプ」のガラスを選べば、冬の低い位置の太陽から、存分にぬくもりをもらって室内にキープしておくことができます。

夏はひさしで日差しを遮る 冬は日差しを取り込む

西向きの窓はしっかり遮熱

西日は高度が低く、軒やひさしでは遮りにくいので「遮熱タイプ」のガラスがおすすめです。特に暑い時期には、すだれやオーニング、シェードなども併用して、窓の外側で日射を遮るといいでしょう。

ガラスで日差しを抑える シェードを併用すると効果的

基本商品 優れた「断熱・遮熱」性能で、冷暖房効率をアップ!基本商品 優れた「断熱・遮熱」性能で、冷暖房効率をアップ!

太陽の日射熱を50%以上カットして、夏は涼しく、冬は暖房熱を外へ逃がしません。紫外線も大幅にカットするので、家具やカーペットの退色も抑えます。

冬、室内に太陽光を採り込み、暖房熱を外へ逃がしません。部屋のすみずみまで暖かさを保ち、心地よく快適に過ごせます。

2枚のガラスの間に乾燥空気またはアルゴンガスを閉じ込めたスタンダードな複層ガラスです。室内の暖かさを外へ逃がさず、暖房効率をアップします。

追加機能 「断熱・遮熱」に加えて、「安心・便利」機能も組み合せられます。追加機能 「断熱・遮熱」に加えて、「安心・便利」機能も組み合せられます。

ガラスと中間膜が加熱圧着されており、破壊されにくいガラス。

風圧に強く、万一割れても粒状になる安全性の高いガラス。

室外からの騒音を軽減し、生活音なども外に漏らしにくいガラス。

複層ガラスの間に組み込んだ格子が窓の表情を豊かに演出するガラス。

複層ガラスに組み込んだブラインドで光や視線をコントロールできるガラス。
※Low-E複層ガラス遮熱タイプとは組み合せられません。

このページをご覧の方は、こちらのページもご覧になっています

このページの先頭へ