人にとって快適な風とは?

「風」という言葉は、ひとくちにいっても、様々な種類があります。例えば、そよ風や涼風、南風は、さわやかで、気持ちがよい風のイメージ。追い風や順風は、背中を押して、前に進みやすくしてくれるようなポジティブなイメージですね。反対に、暴風、台風、つむじ風といった、「嵐」を連想させる風もあります。快適な風を上手にとりいれ、強風から住まいを守る窓の工夫を紹介します。 「風」という言葉は、ひとくちにいっても、様々な種類があります。例えば、そよ風や涼風、南風は、さわやかで、気持ちがよい風のイメージ。追い風や順風は、背中を押して、前に進みやすくしてくれるようなポジティブなイメージですね。反対に、暴風、台風、つむじ風といった、「嵐」を連想させる風もあります。快適な風を上手にとりいれ、強風から住まいを守る窓の工夫を紹介します。

家と風の今昔

昔の日本家屋

昔の日本家屋といえば、畳や障子、縁側や中庭、ふすまや土壁といったものがイメージされます。これらは、光や風を通し、自然との調和や、内と外とのつながりを持たせるものではないでしょうか。また、吉田兼好の「徒然草」にも「家の作りやうは、夏をむねとすべし。」とあるように、昔は日本の夏の高温多湿な環境下でも、木造の家が長持ちするように、家中に風を取り入れやすい、開放的なつくりをしていました。

現代の住宅

今の住宅は、昔の伝統も取り入れつつも、エアコンなどの冷暖房機器により、夏は涼しく、冬はあたたかく過ごせるようになりましたが、冷暖房の消費エネルギーを小さくするため、住宅には高断熱や高気密が求められています。気密性が上がると、部屋の中の空気がこもりがちになるため、換気や通風を意識して行うことが大切です。ぜひ窓を開けて、気持ちがよい自然の風で、住まいの換気・通風をしましょう。それが省エネにもつながるのではないでしょうか。

POINTPOINT

風を通す家の中に「風の通り道」
をつくる。

さわやかな風を家の中に取り入れるために大切なことは「風の入口・通り道・出口」をつくること。最低でも2箇所の窓を、できるだけ対角線上になるように開けて、家の中に空気の流れをつくりましょう。空気の入口となる窓は15cmくらい、出口は全開にすると風の通りが良くなります。

風を取り入れる窓の工夫

風をさそう たてすべりだし窓で壁に沿って流れる風をキャッチ。風をさそう たてすべりだし窓で壁に沿って流れる風をキャッチ。

引違い窓は、正面からの風は取り入れますが、横風となると、その多くが窓を通り過ぎてしまいます。壁に沿って流れる横風を効果的に取り入れるには、外に開く窓「たてすべり出し窓」が有効です。

動画でもっと詳しく

おすすめ商品おすすめ商品

ウインドキャッチ連窓・段窓
開き勝手を逆にした「たてすべり出し窓」で、2方向の風をキャッチして風が入りやすく出やすい窓に。通風量は引違い窓の約3倍にもなり、約1/3の時間で空気の入れ換えができます。ひとつの窓で効果的に風を取り込めます。
商品の詳細を見る

風を通す 低い窓から高い窓へ温暖差で室内に風を発生。風を通す 低い窓から高い窓へ温暖差で室内に風を発生。

暖かい空気は上に向かう現象を利用して、家の中に低い窓と高い窓をとりつけると、低い窓から入った冷たい空気があたたまり、上にのぼっていき、高い窓から出て行くという空気の流れができ、室内で風が生まれます。

動画でもっと詳しく

おすすめ商品おすすめ商品

天窓シリーズ
天窓を取り付けた場合、壁面の窓だけの家と比べ、通風量が約4倍になるといわれています。空気の入れ替えが約1/4の時間で済むというわけです。外壁より高い位置にある屋根面は比較的風を受けやすいため、住宅密集地でも効果的な通風が期待できます。
商品の詳細を見る

季節の風の窓対策

風を通す 夏も自然の風で涼しく過ごす。風を通す 夏も自然の風で涼しく過ごす。

エアコンの風が苦手という人は結構多いのではないでしょうか?夏の夜にはできれば窓を開けて、自然の風で涼みたいですよね。そんな時「網戸」は欠かせません。夏本番になる前に網戸のチェックやお掃除をして、風をいっぱい取り込みましょう。

おすすめ商品おすすめ商品

クリアネット網戸
網戸の糸の径を細く、網目の交差部の隙間をなくしたところ、より虫の侵入を防ぎ、より涼しい風を通し、景色もクリアに見える網戸です。
商品の詳細を見る

風を通す 風を通しながら日差しを遮る。風を通す 風を通しながら日差しを遮る。

窓を開けると、ご近所からの目が気になってしまいますよね。「よしず」や「すだれ」は、夏の強い日差しと、外からの視線を遮りながら自然の風を通す、日本に昔からある天然素材のブラインドカーテンです。ゴーヤやへちま、朝顔などのつるを利用した、グリーンカーテンは、葉の水分が蒸発することで、風より涼しくしてくれます。

おすすめ商品おすすめ商品

X-BLIND
「よしず」や「すだれ」のように窓の外側にブラインドを設置。ルーバーの角度で遮蔽・採光・プライバシー・通風をバランスよくコントロールできるシャッターなら、視線を遮りゆったりくつろげます。
商品の詳細を見る
グリーンバー
シャッターや樋を気にせず「よしず」や「すだれ」をスマートに設置できるシンプルな設置用バー。グリーンカーテンを作ることもできます。
商品の詳細を見る

台風にそなえる。台風にそなえる。

台風の際、窓にとって一番困るのは、窓ガラスが割れてしまうこと。窓ガラスが割れる原因の多くは、風で飛ばされたものがぶつかるためです。風の強さによっては、濡れたぞうきんや洗濯物、小石で窓ガラスが割れてしまうことも。台風の予報を聞いたら、まずは外にあるものを片付け、雨戸やシャッターを閉めましょう。

おすすめ商品おすすめ商品

アウターガード
パネル部は強固な鋼板製のため、台風時の飛来物の貫通を妨げ、窓ガラスの破損を防止します。
室外からの飛来物から窓を守る
商品の詳細を見る
シャッター付引違い窓(リモコン電動)
ワイヤレスのリモコンスイッチを標準装備した電動シャッターです。お部屋のどこからでも、リモコンのスイッチひとつでシャッターの開閉操作が行えます。
商品の詳細を見る

このページをご覧の方は、こちらのページもご覧になっています

このページの先頭へ